本日発売開始の「マックトースト」を食べてみた / 思ってたよりもペッタンコではないことが判明

ロケットニュース24 / 2013年10月4日 12時0分

本日発売開始の「マックトースト」を食べてみた / 思ってたよりもペッタンコではないことが判明

日本マクドナルドは本日(2013年10月4日)より、新しいメニューの販売を開始した。その名も「マックトースト」である。

・海外のものはペッタンコ?
このメニューは海外20カ国で販売しており、日本初上陸ということになるのだが、発表当初インターネットユーザーからは「バンズ(パン)を裏返しただけ?」というツッコミがあった。また海外で食べた経験のあるネットユーザーは「世界最薄」と表現し、ペッタンコの画像を公開していた。はたして味はいかに!?

・レジ前に控えめな写真
店頭で大々的にPRしているかと思いきや、とあるお店に入るとレジ上のメニュー表に「マックトースト」の文字はない。手元に出されたメニューにも載っていないのである。まさか今日が発売日じゃなかったのか? と思ってレジを見ると、控えめに写真が貼ってある。

・出てくるのに多少時間がかかる
あまり積極的に売っていく気がないのだろうか? 記者(私)はそんなことを思いながら、とりあえず注文した。お金(マックトーストは100円)を払って待つこと約3分。他のメニューに比べると少しだけ時間がかかるようだ。

・それほどペッタンコではない
さて、ようやく実物とご対面。海外ではペッタンコだったと言われていたが、日本のものはペッタンコではない。少なくともふっくらとしている感じは、包装紙のうえからでもわかる。とはいえ、中を見ないことには……。

・味はシンプル
包装紙を開けて見ると、やはり潰れているという印象はまったくない。むしろバンズがふんわりとしてるという感じだ。そして味の方はとてもシンプルだ。チーズとハムを挟んだだけのホットサンドである。軽食としてなベストの手軽さではないだろうか。小腹を満たすのにちょうど良い。

・後味が少し塩辛い?
ただ、少々塩が辛く感じた。これはチーズが本来持っている塩辛さなのだろうか。口のなかに塩っぽさが若干残るのが気になった。ドリンクやサイドメニューと一緒であれば、それほど塩辛さが気にならないかもしれない。

いずれにしても、趣向を凝らした期間限定メニューを提供するマクドナルドで、シンプルなマックトーストは新しいのではないだろうか。手軽さが支持されて、定番として定着するのかもしれない。バンズをひっくり返しただけというのは、ちょっとだけ気になるのだが……。

Report:やや津田さん(佐藤)

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング