【秋田グルメ】イタリア料理店なのにラーメンが大人気! 自家製麺がラーメンマニアの心をつかむ / 風雅

ロケットニュース24 / 2013年10月5日 12時0分

【秋田グルメ】イタリア料理店なのにラーメンが大人気! 自家製麺がラーメンマニアの心をつかむ / 風雅

イタリア料理店なのにラーメンが大人気。その店には、自家製麺を堪能するため全国からラーメンマニアが訪れる。独自の小麦ブレンドで麺を作り、他店にはない風味がそこにあるという。

・センスを生かして「美味なるラーメン」
確かに、イタリアンといえばパスタにピッツァ、小麦の美味しさを生かした料理が多い。それならば、イタリアンシェフの技術とセンスを生かして「美味なるラーメン」ができるというのも頷ける。実際に食べてみた。

・気分はトレヴィの泉から下町のラーメン屋に
やってきたのはイタリア料理店『風雅』(ふうが)。カツオ黒醤油ラーメンには極薄の油膜が張っており、その下には見るからにコシのありそうな麺が佇んでいる。しかし見た目よりも早く胃袋を刺激したのは、遠慮なく豪快に臭覚を刺激する魚介ダシの薫り。イタリアンらしからぬ「魅惑の気流」によって、気分はトレヴィの泉から下町のラーメン屋に。

・実際に濃いのは「ダシの旨味」
麺を持ち上げると、ブワッと心地よい温かさが空気を通して伝わってくる。スープがほどよく染み込んだ麺を油が艶やかにコーティング。麺の表面には「パン!」とハリがあり、そこに乗ったスープと油が旨味のメロディを奏でる。スープの見た目は濃いものの、実際に濃いのは「ダシの旨味」であり調味料の味ではなかった。

・コクだけを残して油っぽさを打ち消している
油はコクを増すために重要な役割をしているが、場合によってはコッテリしすぎて「油っぽい」と感じてしまうことがある。しかしこのラーメンは違った。濃厚な魚介ダシが油をサッパリとした存在へと変換し、油っぽさを感じなかった。コクだけを残して油っぽさを打ち消している点に、麺の性質も寄与しているのではないだろうか。

・上質な旨味に麺が強く関与
このラーメンで特筆すべき点は、濃い旨味が丼を支配しており、その上質な旨味に麺が強く関与しているという点。麺にクセがありラーメン全体のクオリティを下げているラーメンが世の中には多々ある。しかし『風雅』の麺は、スープも、チャーシューも、海苔も、丼に入っているすべてのモノのグレードアップに成功している。

・「濃厚な旨味」と「サッパリとした後味」が共存
さまざまな要素が作用し「濃厚だけどサッパリ」という不思議な味を体験できるラーメンといえる。ズルズルッと食べた瞬間は濃厚とも思える旨味を感じ、喉から落ちる時点ではスッキリとした後味へと旨味のグラデーションを描く。それゆえ、「濃厚な旨味」と「サッパリとした後味」が共存しているのだろう。

・赤ワインのキュッとしまる芳醇な渋み
二ューヨークではラーメンと赤ワインを一緒に楽しむことがあり、筆者(私)も豚骨ラーメンと赤ワインの組み合わせが美味しすぎて感動したことがあった。「このラーメンにも合うかも!?」と思って試してみたが、驚くことにバッチリと合った。赤ワインのキュッとしまる芳醇な渋みが、濃厚魚介ダシによって支配された味覚神経を一気に葡萄畑へジョイントさせる。

・フレンドリーかつ優しい笑顔接客
今回、女性スタッフがフレンドリーかつ優しい笑顔で筆者を出迎えてくれ、いろいろと丁寧に料理の説明をしてくれた。最近は東京のテレビ局によるドラマの撮影もあったらしく、麺料理を食べるシーンを撮影したという。ラーメンマニアの間では全国的に有名なこのイタリア料理店だが、今後はさらに有名になりそうだ。ちなみに、ここのラーメンは常に進化している。以前食べた人がいるならば、現在のラーメンは別のものになっていることに気がつくはずだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 風雅 (ふうが)
住所 秋田県仙北市角館町小館34-8
時間 11:00~14:30 / 夜の部は要確認
休日 月曜日

Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング