仕事もプライベートも充実させたい! 「ワーク・ライフ・バランス」向上のためのちょっとしたヒント3つ

ロケットニュース24 / 2013年10月18日 15時0分

仕事もプライベートも充実させたい! 「ワーク・ライフ・バランス」向上のためのちょっとしたヒント3つ

仕事と生活の双方を充実させて、両者の調和を目指す「ワーク・ライフ・バランス」という考え方、普段あなたはどれだけ意識しているだろうか。そんなこと考えなくても、仕事も趣味も家庭もすべて上手くいっているという人生の達人のような人は問題ない。だが一方で、すべてが上手くいかず、日々ストレスを抱えている人もいることだろう。

そこで今回ご紹介するのは、海外サイト『Mashable』に掲載された「ワーク・ライフ・バランスを向上させるためのちょっとしたヒント3つ」だ。これはあくまでも、充実した人生を送るためのひとつのアイデアであり、すべての人にとって有効とは限らない。だが、みなさんがより良い日々を送るために、何かの手掛かりになれば幸いである。

【ワーク・ライフ・バランスを向上させるためのちょっとしたヒント3つ】
1、「自由な時間」がすべて「都合の良い時間」である必要はない
同僚や友人たちから飲み会やイベントなどの誘いがあったとき、他に予定がないからといってなんでもかんでも出席するのは良くない。もしかしたら、誘われた日時は、その週で唯一自分の自由にできる時間だったかもしれないのだ。

自由な時間は自分のための時間であり、友人や同僚たちにとって都合の良い時間である必要はない。必ずしも重要ではない飲み会の誘いには、断る勇気も大事。自分のスケジュールは、他の誰でもなく自分自身が決めるものである。

2、どんな些細な予定もスケジュールに組み込む
仕事上の事務的な作業や部屋の掃除、旅行の計画など、いつかはやらなければならないけれど優先順位が低くいつでもできるタスクは、どんどん後回しにしてしまいがち。「今週中にやる」「そのうちやる」と頭の中で思っているだけでは、簡単なことほど実現されないのだ。

そのため、どんなに些細なことでも仕事や生活するうえで必要なことならば、必ずスケジュールに組み込むことが大事。それを予定通りに実行していけば、物事がよりスムーズに回るようになる。

3、お金をかけてでも確保すべき時間もある
「自分のことは自分でやる」という信念を持っている人もいるだろう。それ自体は決して悪いことではない。

だが時には、自分でできることでも誰かに代わりにやってもらい、空いた時間をもっと重要なタスクに費やすことも大事。例えば、洗濯はクリーニング屋に頼み、スーパーでの買い物はネットの宅配サービスを利用するなど、お金をかけてでも確保すべき時間があるのだ。

参照元:Mashable(英文)
執筆:むねやけサンデー
Photo: RocketNews24


この記事をロケットニュース24で読む

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング