【発想の転換】女性モデルとして売れなくなってきた → 髪を切って男性モデルへ転身 → 超絶イケメンになって大成功!

ロケットニュース24 / 2013年10月22日 22時0分

【発想の転換】女性モデルとして売れなくなってきた → 髪を切って男性モデルへ転身 → 超絶イケメンになって大成功!

発想の転換が、思いのほか良い結果を生むことはよくある。商品やサービスがブレイクするかどうかは、意外にもこの発想の転換によるところが大きい。とある女性モデルを例に、このことについてお伝えしたい。

・年齢とともに仕事が減った女性モデル → 男性モデルへ
その彼女、エリオット・サイロスはブロンドの美しい長身の女性であった。ブランドラム「バカルディ」の専属モデルとして、華々しく広告を飾っていたのだが、彼女に限らずすべての女性がぶち当たる問題に直面した。それは年齢である。人は誰でもいつまでも若くはいられない。年齢とともに仕事が減った彼女は、思い切った転身を図った。なんと男性モデルとして自分を売り出したのである。

・仲間の影響
彼女が男性モデルに転身を遂げるきっかけになったのは、モデル仲間のケーシー・レグラーさんの存在があった。ケーシーさんは水泳の元オリンピック選手(フランス代表)である。ニューヨークの名門モデル事務所「フォード」で初めての男装モデルだ。ケーシーさんに影響を受け、エリオットさんも転身することを決意。長いブロンドヘアをバッサリと切ったのだ。

・女性モデルは「若さ」との戦い
女性モデルの業界は、競争が熾烈である。もし若いうちにブレイクして仕事に恵まれていたとしても、それが長く続くとは限らない。毎年新人が登場し、歳を重ねたモデルは名もなき新人に仕事を奪われることも珍しくない。特に男性モデルに比べて、女性モデルは30歳を超えて仕事がなくなる確率が高いのだ。

・転身は必然
長くモデルとして活動して行きたかったエリオットさんにとって、男性モデルへの転身は必然のように感じられた。実はかねてから、彼女は顔の輪郭や身体つきが男性的に見えることを気にしていた。またその特徴を逆手にとって、女性モデルとして大活躍しているときには、オフの日に人目をあざむくためわざと男装して出かけていたこともあったそうだ。

・そして転身は運命
もうひとつ、彼女が男性モデルへと転身することが必然ではなかったかと感じさせる事実がある。それは彼女の名前「エリオット」である。どちらかといえば男性的なこの名前、母方の旧姓なのだとか。もしかしたら、転身は必然であり運命だったのかもしれない。

・夫の理解
ちなみに彼女が短髪で男装をしているため、同性愛者ではないかとみられることもあるそうだ。しかし彼女は男性と結婚している。女性モデルから男性モデルへと変わることについて、彼女の夫は十分な理解をしてくれたそうだ。

それにしても、モデルとして生きるために性別を超えるとは、まさに発想の転換。彼女の姿から「美しさ」と「凛々しさ」を感じるのは、見た目だけが理由ではない気がする。

参照元:ODDITYCENTRALNYPOST(英語)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング