【グルメ】吉野家 本店の辛口じゃないのにホットになる不思議なカレーそば / お客さんのほとんどがカレーそばを注文

ロケットニュース24 / 2013年10月29日 23時5分

【グルメ】吉野家 本店の辛口じゃないのにホットになる不思議なカレーそば / お客さんのほとんどがカレーそばを注文

お客さんのほとんどがカレーそばを注文する。そんな『吉野家』の本店が、地域住民に愛されているという。特製カレールーは非常にトロトロっとしており、そばは丸くてプリプリ食感。カレーが冷めにくいので最後まで温かく食べることができ、寒い冬には最高の御馳走となる。

・お客さんのほとんどが顔見知り
『吉野家』の本店は11:30にオープンして16:00に閉店。開店と同時に地域住民が集まってきて、カレーそばをすすりながら会話に花を咲かせる。そう、お客さんのほとんどが顔見知りなのだ。普通のそばも人気だし、ご飯の炊きあがりも秀逸だ。

・丼からこぼれそうなほどたっぷり
カレーそばを注文すると、いまにも丼からこぼれそうなほどたっぷりのカレーにビックリする。豪快に湯気が立ち上り、アツアツであることがわかる。思いっきり箸で麺を引き上げ、フーフー! フーフー! フーフー! フーフー! そしてズルズルズルーーッ!! 

・辛口じゃないのにホットになる
癒ーやーさーれーるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーー!! どこかで食べたことがある味! でも「いつでも食べられる味」ではなく、まさに懐かしい味。トロトロのカレーは食べれば食べるほどスパイシーに感じてきて、ジワジワと汗が流れる。辛口じゃないのにホットになる不思議なカレー。

・主役は豚肉なんじゃないだろうか?
辛さでゴリ押ししていないぶん、カレーが繊細な味をしているので、豚肉の旨味がきいているのがハッキリとわかった。しかもこの豚肉、「マジですか?」と思うほど肉汁の埋蔵量が半端ではない。旨味が濃縮されているかのごとく食べれば食べるほど幸せな気分に。このカレーそば、主役は豚肉なんじゃないだろうか?

・カレーうどんとそばの名店の味
そばを食べたら次はご飯にかけて食べる。その美味しさ、ここで語らなくてもだいたい想像がつくはず。最高である。ちなみにこの店、知る人ぞ知る「カレーうどんとそばの名店の味」が引き継がれた店なのだが、それはまた別の話。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 吉野家 本店
住所 北海道夕張市本町4丁目54番地
時間 11:30〜16:00
休日 月曜日
※筆者が何を思ったか一部うどんとそばを間違えて書いておりました。修正しました。申し訳ございません。

Report: Kuzo.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング