【三十代女子の恋愛奮闘記】待ち合わせ時間を厳守する人は惚れっぽい!?

ロケットニュース24 / 2013年10月30日 15時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】待ち合わせ時間を厳守する人は惚れっぽい!?

恋人と会うとき、まずは待ち合わせをしますよね。待ち合わせには、人の性格が顕著にあらわれると筆者は考えます。あなたの待ち合わせスタンスはどんな感じですか? 今回は、待ち合わせと恋愛の関係性について紐解いていきましょう。

・待ち合わせに遅れがちな人はモテる!?
あなたは、待ち合わせ時間をきっちり守るタイプですか? それとも遅れがちなタイプですか? 筆者の見解だと、前者のきっちりタイプには、惚れっぽい人が多いように見受けられます。男性も女性もです。なぜなのでしょうか?

・待たされている間、アタマの中はその人のことでいっぱいになる
待ち合わせ場所に着いて、約束の時間が過ぎたにもかかわらず相手が来ないと、人間はその人のことばかり考えてしまいます。「電車が遅れているのだろうか?」とか、「私が指定したこの待ち合わせ場所がわかりづらかったのだろうか?」とか。「13時半と3時半を勘違いしているのだろうか?」など……。アタマの中は、ある意味その人のことでいっぱいになります。この「アタマの中がその人のことでいっぱい」な状態を、自分自身が好意と勘違いしてしまうのでしょう。

・待たされている状況の理由づけとして好意が芽生える
待っているうちに、段々今の状況にイライラしてきます。「約束の時間を守った自分がなぜ、待たされなければならないのだ!」という感情がわいてくるのはごく自然なこと。でも、状況的には待ち続けなければなりません。自分をイライラさせる相手を待つって、よく考えたらものすごく不自然ですよね。そこで脳が、この不自然な状態を整理しようとします。「イライラしているにもか関わらず待っているということは、私はよほど相手のことが好きなのだ!」と、かなり強引な整理をしてしまうのです。

・惚れっぽい性分を直すには……
惚れっぽいのが悩みだという皆さん! 待ち合わせスタンスを変えてみませんか? 時間きっちりに赴くのではなく、ほんのちょっと遅れていくことで、気持ちにだいぶ余裕ができるはずです。その余裕によって、相手を冷静に見極めることが可能になります。

ただし! 遅れるのはほんのちょっとですよ。30分だの1時間だの遅れていくのは、明らかにマナー違反です。せいぜい数分程度にとどめておきましょう。恋愛での待ち合わせに限らず、友達同士の待ち合わせでも、時間きっちりに赴く習慣を変えていくのがオススメです。ただし、ビジネスシーンの待ち合わせは時間厳守してくださいね。恋愛と仕事は切り離して捉えましょう。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ
Illust:Pyocotan

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング