「タダで海外旅行に行ける!」で約6億8000万円相当のヤクの運び屋にされてしまった老夫婦が話題

ロケットニュース24 / 2013年11月1日 9時0分

「タダで海外旅行に行ける!」で約6億8000万円相当のヤクの運び屋にされてしまった老夫婦が話題

「タダほど怖いものはない」とはよく言うが、うさん臭いと思いつつも、無料、タダという響きはやはり魅力的だ。そんな言葉の魔力にまんまと引っかかって、海外旅行をプレゼントされた老夫婦がヤクの運び屋にされてしまう事件が起き、「やっぱりタダって怖い!」と話題を呼んでいる。

・老夫婦がヤクの運び屋に!
オーストラリア在住の老夫婦(匿名)が、カナダの旅行会社が主催する「カナダへの旅7日間プレゼント」に応募し見事に当選。渡航費、滞在費ともに全て無料の旅行に行けることになり大喜びの夫婦だったが、やはりおいしい話には裏があるもので、知らないうちにヤクの運び屋にされてしまったのだ。

・荷物をすり替える手口
旅行会社から新しいスーツケースまでプレゼントされ、夫婦はそのスーツケースに荷物を詰めカナダへと旅立った。旅行を終えオーストラリアのパースへ戻って来た夫婦だが、空港で受け取った自分たちの荷物に不審を抱き、当局へ報告。

なんと彼らの荷物はカナダですり替えられ、スーツケースには約6億8000万円に値する3.5キログラムもの覚醒剤、メタンフェタミンが詰められていたのである。

・老人をカモにする架空の旅行会社
老夫婦が被害に遭った架空の旅行会社「AusCan Tours」は、故意に老人をカモとして狙っていたとのこと。その後の捜査により、パース空港で38歳のカナダ人男性が逮捕された。

・夫婦はカナダ旅行を満喫
とんでもない事件に巻き込まれてしまった老夫婦だが、罪には一切問われず、カナダでは最高の時を過ごしたそうだ。だが「何かに当選しても用心してください。私たちは危うく25年の刑を食らうところでした」とコメントした二人は、これからはタダの物には気をつけると肝に銘じたそうだ。

カナダで楽しく過ごせたのは幸いだったが、おいし過ぎる話やタダの物には裏がある可能性を忘れないようにしたい。特に日本でも老人を狙った詐欺が後を絶たないので、お年寄りには被害者にならないよう十分注意してほしいものだ。

参照元:Huffington Post(英文)、YouTube
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング