【衝撃サッカー動画】これはヒドい! ゴールキーパーの油断が生んだ信じられないプレーからの失点

ロケットニュース24 / 2013年11月8日 9時0分

誰にでもミスはあるもので仕方のないものもある。が、ヨーロッパ最高峰の戦いであるチャンピオンズリーグで飛び出したプレーがあまりにヒドく、とてもトップレベルのものではないと話題になっているぞ。

ミスを犯したゴールキーパーは油断をしていたのだろうが、思わず目を疑いたくなる光景だ。今回はその様子を動画「[Epic] Timo Hildebrand Fail Samuel Eto Funny Goal vs Schalke 2013 [HD]」と共にご紹介したい。

・欧州サッカーでの出来事
衝撃的なプレーはイングランドのチェルシーFCと内田篤人選手が所属するドイツのシャルケ04の試合で起きた。チャンピオンズリーグのグループステージで激突した両者だが、試合はキーパーのミスから動いた。

・一連の流れ
前半31分にシャルケの GK ヒルデブラント選手へボールが渡ると、チェルシーの FW エトー選手がスルスル忍び寄る。それからの一連の流れを簡潔に表すと次のようになる……

エトー選手に気づいて急いでボールを蹴ろうとするキーパー → なぜかバックステップ → 間合いを詰められブロックされる → ボールは無情にもゴールへ → 天を仰ぐヒルデブラント選手

……といった流れだ。エトー選手が快足というのもあるが、焦った時にはすでに遅かった。最後方を守るゴールキーパーだけに、セーフティーにクリアすべきだったのではないだろうか。

・このプレーに対するネットユーザーの反応

「これはひどい」
「なにやっとんねん」
「勿体無さすぎる失点だわ….」
「ヒルデブラントやりおった」
「守備陣のミスはこうなるから怖い。」

などなど、これはヒドいといったものや、何をやっているんだというコメントが多数。ゴールに吸い込まれた不運もあるが、先制点を与える痛い失点となったのは間違いない。

ちなみに試合は後半に2点を追加したホームのチェルシーが3ー0で勝利。シャルケはチェルシー相手にホームとアウェイで共に敗れる結果となり、勝ち点を積み重ねることはできなかった。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング