人喰いバクテリアならぬ「人喰いドラッグ」が出現!? 摂取したら皮膚が腐りゾンビ状態に

ロケットニュース24 / 2013年11月9日 21時0分

人喰いバクテリアならぬ「人喰いドラッグ」が出現!? 摂取したら皮膚が腐りゾンビ状態に

覚せい剤や各種ドラッグの恐ろしさはメディアで常に報道され、日本でも脱法ハーブが大きな問題となっている。しかし世の中にはもっと恐ろしいドラッグが登場し人々の命を脅かしているという。摂取すれば皮膚が壊疽を起こしゾンビ状態になってしまう新種ドラッグが出現し、大きな問題となっているのだ。

・人喰いドラッグの発祥地はロシア
問題となっているドラッグの存在が一番最初に報告されたのはロシアで、その名は通称「クロコダイル」。クロコダイルは、鎮静作用のあるコデイン錠にシンナーやガソリンなどの炭化水素を混ぜ合わせて精製され、ヘロインよりも安く強力なのだという。

・クロコダイルがアメリカに上陸
あるドラッグを使用していた米オハイオ州のホームレスの男性の肌に緑と黒の混色の斑点が現れ、やがて斑点の箇所が裂け大きな傷口になったという。緑と黒の斑点がワニの皮を思わせることから「クロコダイル」と呼ばれるようになった人喰いドラッグが、ついにアメリカにも上陸してしまったのだ。

・初めの症状は根性焼きのような跡
クロコダイルを使用し始めると、まず皮膚にタバコを押し付けたような跡ができる。そして5日ほど経つと傷が次第に変色し水膨れになり、まるで皮膚が中から腐っていくような状態になるのである。回復には集中治療および皮膚移植が必要になり、手足の切断を余儀なくされる場合もあるそうだ。

・不純物質が組織破壊の原因
自宅の不衛生な環境で精製されたクロコダイルは、不純物や腐食性物質を含んでいるため、深刻な組織破壊や壊疽を引き起こしてしまうと言われている。しかし米当局では、注射針の使い回しによる感染症の可能性もあるとの見解を述べている。

日本にこんな恐ろしいドラッグが上陸しないことを祈るばかりである。好奇心や興味本位で手を出すことがないよう、「薬物は決してやらない」ことを心がけておきたいものだ。

参照元:Huffington Post(英文)、YouTube
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング