【三十代女子の恋愛奮闘記】お家デートのお作法

ロケットニュース24 / 2013年11月9日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】お家デートのお作法

映画や遊園地に行くばかりがデートではありません。親密な間柄になると、お家デートをすることもあるでしょう。皆さんは、どのようなお家デートをしていますか? 今回は、お家デートのお作法について考えたいと思います。

・エアコン代をケチらない
1人でいる時に節約するのは、そりゃ個人の自由です。しかし、来客時は別と考えてください。私事で恐縮ですが、11月のお家デートでトラウマになっている件がございます。かつてお家デートをした男性が、「俺、絶対に12月までは暖房つけない主義なんだよね」というポリシーを掲げている人物だったのです。彼の言い分はわからなくもないのですが、11月でもけっこう寒い日ってあるじゃないですか! 

寒さに意識が向かうと、会話や雰囲気を楽しむ余裕がなくなってきます。「早く帰りたい」とまで思うようになります。人サマを家に招く際は、どうかエアコン代をケチらないでください。

・ペットに夢中になりすぎない
自宅ではなく、相手の家に遊びに行った時の場合です。最近ではペット可のマンションが増えているので、犬や猫を飼っている人も珍しくないでしょう。動物を愛でたいという心は尊いですが、夢中になりすぎるのはNG。相手にとってペットはごく日常的な存在なので、あなたがペットばかりにかまけている状態は退屈に感じるのです。一切触れるなとは言いませんが、モフモフはほどほどにしておきましょう。

・タバコ問題
あなた自身が非喫煙者で、愛煙家男性を自宅に招く場合。筆者は、空き缶などを灰皿の代用品として出しています。わざわざ灰皿を常備しておくと、「このコの家は、しょっちゅうオトコが来ているのか?」と、あらぬ誤解を与えることにもなるでしょう。

逆に、あなた自身が愛煙家で、非喫煙者男性の家に行くこともありますよね。人によっては、室内で吸われることを嫌がりますから、可能ならガマンしましょう。どうしても吸いたくなってきた場合ですが、当たり前のように「タバコ吸っていい?」は言うまでもなくNG。「タバコってダメだよね?」とか「どこで吸ったらいいかしら?」など、控えめな言い方を心がけてくださいね。

・まとめ
お家デートというと、つい手料理に意識が向かいがちですが、手料理以前に気を付ける部分もあります。身構えすぎる必要はないですが、お互い気持ち良く過ごすためにも、ちょっとした心がけを大事にしましょう。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ
Illust:Pyocotan

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング