【トラブル】タイの一部の安宿にありがちなこと6つ

ロケットニュース24 / 2013年11月11日 8時0分

【トラブル】タイの一部の安宿にありがちなこと6つ

すべてのタイの安宿がそうではないが、一部の安宿ではけっこうトラブルが多発している。100バーツ(300円)や200バーツ(600円)のドミトリー宿では、トラブルの発生率も高くなる。

今回は「タイの一部の安宿にありがちなこと6つ」と題して、いくつか実話をもとにエピソードをご紹介したいと思う。あなたも同じ経験をしたことがあるかも!?

1. 南京虫に刺される
夜中になるとモゾモゾとベッドの隙間や裏側から出てきて寝ている人間の血を吸う。しかも激しいカユミや痛みとなって残り、非常に不快な存在である。

2. 南京虫がベッドの裏にビッシリといる
何匹つぶしても南京虫が減らないと思ったら、ベッドの裏側を調べてみるといい。けっこうな数の南京虫が寝床にしているかもしれない。

3. 南京虫が増殖する
退治してもどんどん出てくる南京虫は、そう簡単に減らない。血液を吸うので、増えれば増えるほど衛生的にも危険な状態になる。手で捕まえたところで駆逐は難しい。

4. 南京虫を旅行者が連れてくる
南京虫が出なくなったと思ったらまた出現しだした! そんなときは、新しくやってきた旅行者の荷物などにくっついて南京虫がやってきた可能性が高い。

5. 南京虫退治のため殺虫剤をまかれる
南京虫の被害が増えると宿泊客が減るので、宿にとっても死活問題。部屋ごと殺虫剤で南京虫を退治することがたまにある。

6. 南京虫退治の殺虫剤に人間がやられる
南京虫を退治するはずの殺虫剤の影響で、人間が苦しくなってしまう場合がある。皮膚が荒れたり、苦しくなったり、とにかく困る。

Photo:Rocketnews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング