【充電革命】1日も早く実用化して欲しい! 米学生がWi-Fiで充電できる仕組みを編み出したぞ~ッ!

ロケットニュース24 / 2013年11月19日 9時0分

【充電革命】1日も早く実用化して欲しい! 米学生がWi-Fiで充電できる仕組みを編み出したぞ~ッ!

毎日毎日スマホの充電を気にしているそこのあなたに、素晴らしいニュースをお届けしたいと思う。もしかしたら将来的に、その充電切れの不安から解放されるかもしれなぞ。

アメリカの大学生がすごい充電方法を編み出した。その方法とは、Wi-Fiで充電してしまうというものだ。天才! この人たちマジで天才だ!! Wi-Fiにつながっている状態でプラグをささずに充電までできてしまうなんて最高やん! 素敵やんッ!!

・メタマテリアルを使用
この技術を編み出したのは、米デューク大学プラット校のアレン ・ホークスとアレキサンダー・カッコーの2人だ。彼らは、Wi-Fiの電波をメタマテリアル(電磁波に対して、自然界にない特異な性質を持つ人工物質)を使用して電流に変える装置を作ったのである。

・Wi-Fiの信号だけではない
彼らによれば、この装置はUSB充電よりも効率的で太陽光パネルと同程度の出力を持つそうだ。電力源となるのはWi-Fiの信号だけでなく、衛星信号や音響信号も可能なのだとか。信号を受け取ることができる環境であれば、どこにいても充電し続けることが可能になる。

・太陽光パネルの36.8パーセント
彼らのテストでは、5つのファイバーグラスと銅のエネルギー・コンダクターの回路基板により、マイクロ波を7.3ボルトの電気に変換することができたそうだ。USBの場合は5ボルトが限界である。また太陽光パネルの36.8パーセントの変換効率であることもわかっている。

今後研究が進み、より効率良く変換を行うことができるようになるのではないだろうか。どうか近い将来に実用化してもらいたいものである。そしたら本当に充電地獄から解放されるかもしれないぞ~ッ! 2人の学生にぜひともがんばって欲しい!

参照元:inhabitat(英語)

この記事をロケットニュース24で読む

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング