新型ゲーム機「PlayStation4」をめぐって死者が出る銃撃事件発生! アメリカで強盗事件相次ぐ

ロケットニュース24 / 2013年11月19日 23時0分

新型ゲーム機「PlayStation4」をめぐって死者が出る銃撃事件発生! アメリカで強盗事件相次ぐ

2013年11月15日に北米市場で販売が開始された、ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation4」(PS4)。発売開始前から高い注目を集めていたPS4は、すでに100万台を売り上げ品薄状態になっているという。

そんななかPS4をめぐって銃撃事件が発生したようだ。この事件により1人が死亡、もう1人が大けがを負ったそうだ。品薄によりオークションサイトで値段が高騰しており、価格高騰が相次ぐ強盗事件を引き起こしていると見られている。

・2人の男性が売買
事件があったのは、フロリダ州オーランド中心部。亡くなったエマニュエル・ジョンソン(25歳)は、23歳の男とPS4を売買する予定で、2013年11月17日の午後4時30分頃、ダウンタウンの警察本部近くで落ち合ったそうだ。

・互いに発砲か?
2人の間で何らかのもめごとがあり、両者とも銃撃を受けた。おそらくお互いに銃を所持しており、お互いに発砲したと考えられる。ジョンソンは間もなく死亡。23歳男性は大けがを負った。詳しいけがの状況については不明である。

・他の都市でも強盗事件
現地警察は今回の銃撃事件に、他の者が関与した可能性については否定している。どのようなもめごとであったかについては、今後捜査を進めるとのことである。PS4は現在も品薄状態が続いている。アメリカの他の都市でも、強盗事件が発生しているとの情報もある。

ゲームを手に入れるのも命がけ。いち早く生産量が需要に追い付くと良いのだが……。日本で販売されるときには、安全に販売されることを願うばかりだ。

参照元:NYDailynews(英語)
Photo:Rocketnews24

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング