米マクドナルドがハンバーガーをカスタマイズできる店舗を試験的に営業開始! 日本にも導入してくれ~ッ

ロケットニュース24 / 2013年11月25日 15時0分

米マクドナルドがハンバーガーをカスタマイズできる店舗を試験的に営業開始! 日本にも導入してくれ~ッ

ファストフードチェーンといえば、真っ先に名前が挙がるマクドナルド。日本では最近高めの値段設定の商品を、相次いで投入している。そんななか、本場アメリカで興味深い取り組みが始まったようだ。

米マクドナルドは、ハンバーガーをカスタマイズできる店舗を試験的に営業開始した。オーダーは、バンズ(パン)やチーズ、トッピング、ソースを自由に選ぶことができるそうだ。これは日本でもぜひ取り入れて欲しい!

・iPadで食材を選択
試験店はカリフォルニア州とイリノイ州にそれぞれ1店舗ずつオープンした。「Build Your Own Burger」というコンセプトのもと、iPadで食材を選択していく。

・選択できる食材
パン:マクドナルドの基本のバンズ、アルチザンロールのいずれか
チーズ:ホワイトチェダー、ナチュラル・ペッパージャック、アメリカン・チーズのいずれか
トッピング:アボカドのディップ、ハラペーニョ、グリルマッシュルーム、レッドオニオン、グリルオニオン、トルティーヤ・ストリプス、トマト、レタス、ピクルス
ソース:ビッグマックソース、スパイシーマヨ、クリーミーガーリックソース、スイートBBQ、マヨネーズ、ケチャップ、マスタード

・追加料金なしでトッピング・ソースをチョイス
基本料金5.79ドル(約590円)で、パンとチーズはいずれかをひとつを選択するものの、トッピング・ソースは追加料金なしで好きなだけ選ぶことも可能だ。さらにプラス1ドルでベーコン(3枚)、1.25ドル(約126円)でパティ(肉)を追加することもできる。そのほか既存店にはない3種のハンバーガーが用意されている。

・iPadは必要ない?
とても魅力的な店なのだが、問題もあるようだ。利用者の報告によると、iPadではあくまでも食材を選択するだけでオーダーができないという。したがって、お店のスタッフが客のそばに立って、iPadから食材を選択する様子を見て、わざわざ別途端末を使って注文を完了するそうだ。iPadを利用する必要がないのでは? との意見もあるという。

とはいえ、今までにない画期的な取り組み。ぜひとも改良を重ねて日本でも、サービスが提供されることを願う!

参照元:FOODBEASTVICE(英語)

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング