【豆知識】仕事がデキる男性のほとんどが赤ちゃんプレイが大好き / 会社員「赤ちゃんプレイが嫌いな男は一生平社員」

ロケットニュース24 / 2013年12月2日 2時54分

仕事をバリバリこなす男性、カッコイイですなぁ! 記者(私)もいつかはそんな半沢直樹っぽい男になりたいと思いながら仕事をしているが、衝撃の事実を昨日聞いてしまった。

知り合いの会社員の男性・上島さんによると、なんと仕事がデキる男性は、ほとんど赤ちゃんプレイが大好きなのだという。職場ではキリッとしていたあの人が、オフでは赤ちゃんになっちゃうってマジかよ!

上島さんいわく、仕事ができればできるほどオフでは幼児化が進むというのだが……。彼は記者に対して以下のように、詳しくその理由を説明してくれた。

「仕事ができればできる人ほど、業務時間は神経をとがらせて、精神を集中させながら仕事に臨んでいるんです。そのため、その集中が解けてリラックスタイムになったときとのギャップが非常に激しい。

つまり、仕事中に大人であればあるほどオフと物凄い差が生まれ、幼児化してしまうんです。たとえば仕事が終わって女の子のいる飲み屋さんでちょっとワガママになっちゃう人よくいるでしょ? アレは赤ちゃんプレイの一歩手前なんですよ。

大体そのときには精神年齢が中学~高校生ぐらいになる。コレは並の仕事人程度によく見られる差。普通です。それがバリバリ仕事をこなすスーパーサラリーマンになると、さらに精神年齢が下がり、赤ちゃんになっちゃうんです。

大企業の部長になればだいたい3歳児程度の赤ちゃんプレイを好むようになり、ウイスキーのつまみに離乳食を食べます。さらに役員クラスになると乳児~1歳ぐらい、オギャーが口癖でオムツをオフの日には必ず履いているという人も少なくありません。

そしてさらに仕事ができる社長や会長クラスになると、胎児レベルの赤ちゃんプレイを好むようになり、ずっと妻に抱かれながら土日を過ごす場合もあります。ここまでくると長者番付にほぼ必ず載るレベルです。

とにかく、仕事ができる人は赤ちゃんプレイが大好きということは間違いないでしょう。え、赤ちゃんプレイ嫌いな人? 一生平社員ですよ」

……とのことだった。胎児レベルの赤ちゃんプレイがどんなものなのか想像するだけで恐怖を覚えてしまうが、オフに幼児化するほど集中して仕事に臨まないと成果はあげられないということだろうか!?

本当かどうか気になる新社会人のみんなは、上司に「赤ちゃんプレイ好きですか?」と聞いてみるといいかも? もしかすると新たなシーンからの繋がりが生まれるかもしれないぞ。

執筆:なかの

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング