【ゲーム検証】日本人の小さい部屋でも『XboxOne』キネクトはできるのか? 5畳の部屋で2人同時プレイしてみた

ロケットニュース24 / 2013年12月9日 13時0分

【ゲーム検証】日本人の小さい部屋でも『XboxOne』キネクトはできるのか? 5畳の部屋で2人同時プレイしてみた

マイクロソフトの次世代ゲーム機『XboxOne』。2013年11月22日に発売され、世界中のゲームファンたちが寝る間を惜しんでゲームに熱中している。皆さんのなかにも『XboxOne』にどっぷりとハマっている人がいるのではないだろうか?

・次世代になって格段にパワーアップ
そんな『XboxOne』だが、本体と一緒にキネクトと呼ばれるカメラが必ず同梱されている。これは、コントローラを使わず身体の動きや距離でゲームを操作する画期的なシステム。『Xbox360』にもキネクトはあったが、次世代になって格段にパワーアップされている。

・狭い部屋で2人でプレイしてみた!
しかし、欧米の広い部屋ならまだしも、狭い部屋に住んでいるケースが多い日本人の家には不向きなのでは? そういう声が出ているのも事実。そこで今回、実際にキネクトで遊び、5畳の部屋でも『XboxOne』のキネクトができるのか試してみた。しかも狭い部屋で2人でプレイしてみた! 結果は……。

・男子と女子なら親密な仲になれるかも!?
ちゃんと問題なくキネクトで遊べた!! ひとりプレイはもちろんのこと、2人プレイも問題なくできた!! たった5畳しかない狭い日本の部屋でも普通にプレイできたぞ!! 部屋が狭いのでプレイヤー同士の肌と肌が触れ合うが、男子と女子なら親密な仲になれるかも!? これはすごい。狭い部屋でもキネクトは大活躍しそうだ。

・できるだけ広い部屋でプレイするべき
とはいえ、広い部屋のほうが遊びやすいし、センサーも正確に動きを読み取ってくれる。広いスペースがあればプレイヤー同士がぶつかることはないだろうし、できるだけ広い部屋でプレイするべきである。皆さんの部屋は何畳くらいの広さ?

Model: Twitter / Pyocotan.
Report: Kuzo.

この記事の動画を見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング