映画に出てくるプログラマーと現実のプログラマーの違いが一発でわかるGIFアニメ

ロケットニュース24 / 2013年12月13日 7時0分

映画に出てくるプログラマーと現実のプログラマーの違いが一発でわかるGIFアニメ

映画に欠かせないキャラといえば、主人公をサポートする、パソコンが得意な「ハカセ」的な存在だ。ハッカー的な役割をするときもある。キータイピングはマッハのスピード。なんでもかんでもチョチョイのチョイ。プログラムだってタカタカタカタカ、タターン、タンッだ。

だが! 実際のプログラマーも、タカタカタカタカ、タターン、タンッ! ……なのであろうか。その答えは、今回ご紹介する「映画に出てくるプログラマーと現実のプログラマーの違いが一発でわかるGIFアニメ」を見れば一目瞭然だ!!

映画に出てくるプログラマーは「黒い画面に緑の文字」を見ながら、ものすごいスピードでタカタカタカタカ、タターン、タンッ! 文字もシュラシュラシュラ〜っと流れている。一方、実際のプログラマーは……動かない!! 動かないこと山のごとし!!

文字だらけの画面を見つめ、何か間違いがないかを確認しているのであろう。見た目は恐ろしく地味だが、この「文字列を理解していること」がスゴいのだ。そこがカッコイイのだ!! がんばれ現実のプログラマー。あなたたちのプログラムで、世の中は便利になっている。

参照元:THE META PICTURE(英文)
執筆:GO羽鳥

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング