【飛行機】マイルマニアに「ANAのダイヤモンドサービスになったからって喜ぶのは早いぞ」と怒られた件

ロケットニュース24 / 2013年12月13日 13時0分

【飛行機】マイルマニアに「ANAのダイヤモンドサービスになったからって喜ぶのは早いぞ」と怒られた件

筆者(私)は飛行機に乗る機会が多く、ANAばかり乗っていたらANAのマイルばかりたまっていった。飛行機に乗った場合だけ獲得できるプレミアムポイントがどんどんたまり、ダイヤモンドサービスの権利を獲得した。

・優遇されたサービスを受けられる
プレミアムポイントがたまると、ブロンズサービス、プラチナサービス、ダイヤモンドサービスとランクアップしていく。ランクが上がれば、それだけ優遇されたサービスを受けられる。つまりANAのお得さん向けのサービスというわけだ。このことを知人のマイルマニアに話したところ「このヒヨッ子が! ANAのダイヤモンドサービスになったからって喜ぶのは早いぞ! 甘すぎる!!」と怒られた。なぜ?

・ANAグループ運航分プレミアムポイント
ダイヤモンドサービスに到達するには1月1日~12月31日の期間で100,000マイルのプレミアムポイントが必要だ。それとは別計算で、ANAやグループ航空会社の飛行機に乗ったときだけ得られるANAグループ運航分プレミアムポイントがあり、それが80,000ポイント以上あれば、無料でビジネスクラスやファーストくらいにアップグレードできるアップグレードポイントを大量にもらえるのである。

・大量のアップグレードポイントをもらえる
ANAグループ運航分プレミアムポイントが79,999ポイントまでだとアップグレードポイントが20ポイントもらえるが、ANAグループ運航分プレミアムポイントが80,000ポイント以上あれば40ポイントものアップグレードポイントをもらえるのである。一気に20ポイントも増えるのだ!!

・ダイヤモンドサービスだけで喜ぶな
つまり、マイルマニアは「ダイヤモンドサービスだけで喜ぶな! アップグレードポイントの大量ゲットこそ最後の目標だ!!」と言いたいのである。筆者のANAグループ運航分プレミアムポイントはまだまだ80,000ポイントに満たない。とほほ……。

・プレミアムポイントは自然にためたい
世の中には、マイルやプレミアムポイントをためるために飛行機に乗りまくっている人たちがいるという。それを「修業」や「修行僧」というらしい。筆者は仕事や旅行で乗って自然にためていきたいと思っているので、プレミアムポイントがなかなかたまらないのが現状だ。

参照元: ANA アップグレードポイント
Report: Kuzo.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング