【グルメ】吉野家『牛すき鍋膳』のコストパフォーマンスが素晴らしい件

ロケットニュース24 / 2013年12月14日 12時0分

【グルメ】吉野家『牛すき鍋膳』のコストパフォーマンスが素晴らしい件

吉野家が発売した新メニュー『牛すき鍋膳』(並580円)を食べてみた。正直な感想は「ワクワク感があってこの値段ならコストパフォーマンスがいいな」というもの。一部では高額だといわれているが、ご飯、生卵、漬物がついて580円は安いと感じる。なによりも、鍋にかけているコストを考えると安いとさえ思える料理である。

鍋には牛肉、ネギ、豆腐、うどんなどがドッサリと入っており、それを固形燃料が燃え続けて温めている。この固形燃料の存在が、心にワクワク感を生ませる。そこから得られる情緒から、価格以上のものを感じた。

味はやや甘味が強めで、具を生卵につけてマイルドにしても甘味を強く感じてしまう。塩気も甘味ももう少し抑えられなかったかな? と思ったが、これからの寒い季節、やや味付けが濃いほうが身も心も温まるというもの。

鍋や固形燃料など、コストのかかる『牛すき鍋膳』を創った吉野家を高く評価したい。コストをかけてもセンセーションを起こせる新メニューを創ろうとしたのだろう。その計画は成功しているように思える。コストダウンを極端に求めたり、安易な新メニューばかりが増えている外食業界だが、吉野家には希望を持ってもよさそうだ。

参照元: 吉野家 牛すき鍋膳
Report: Kuzo.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング