年代別ロック&ジャズの特徴をわかりやすく演奏! 音楽集団「cdza」によるギター&ドラムの深い世界

ロケットニュース24 / 2013年12月20日 6時0分

年代別ロック&ジャズの特徴をわかりやすく演奏! 音楽集団「cdza」によるギター&ドラムの深い世界

音楽の素晴らしさ・楽しさ・奥深さをとってもわかりやすい手法で教えてくれる、音楽集団『cdza』。

当サイトで幾度となくとりあげている同グループですが、今回は動画サイトYouTubeより、彼らが手掛けた「インストゥルメンタル(楽器)」シリーズを、みなさまにお届けしたいと思います。

ギター、そしてドラムに焦点を当てた計2作品は、どちらも見ごたえたっぷり。

ギター編は、各時代を代表するギタリストをフィーチャーし、およそ50年におよぶギターの歴史を我々にレクチャーしてくれます。50年代に登場するチャック・ベリーを筆頭に、60年代のギターヒーロー、ジミヘンことジミ・ヘンドリックスやご存知ジョン・レノン。

ブルースやラテン・ジャズをルーツに持つ「生きる伝説」カルロス・サンタナや、90年代を代表するロックスター、カート・コバーンなど、有名ギタリストの代表曲がじゃんじゃん出てくる贅沢さは圧巻。約6分間にこれでもかというほど詰め込まれた名曲・名リフの嵐に、あなたもいつしかのめりこんでしまうはず。

さらに、続くドラム編も、これまた非常に興味深いの。特筆すべきは、イスに座るドラマーの前に「バスドラム」「トムトム」「ハイハット」「スネアドラム」と、各部品順々に運び込まれるところから始まるスタイル! コレ、ドラムをよく知らない人間にとってはものすご~く親切な演出だし、ドラムに対しての興味が一気に高まりますよねっ。

その後は「ロック」「ニューオリンズ」「スムースジャズ」「ビバップ」「ダンスミュージック」などジャンル別に、めくるめくドラムの世界が展開。

レッド・ツェッぺリンやレディオヘッドなど各世代の名曲をベースに、ロック的な2ビート・4ビート・8ビート、ジャズ特有の3拍子ドラムなどをも同時に解説してくれるため、非常に勉強になります。それに加えて、「ロックでよくある叩き方パターン」なんかも教えてくれる密度の濃さ……ああん、こうなってくると、ベース編やピアノ編も早く聴きたくなっちゃう!

音楽がもっともーっと好きになる、『cdza』発、素晴らしきインストゥルメンタルの世界・ギター&ドラム編。今すぐ楽器を始めたくなっちゃうことウケアイ、必見の2本です。

寄稿:Pouch
参照元:YouTube collectivecadenzacdza

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング