【注意】マジかよ! 「スマホをやりすぎると成績が悪くなる」との調査結果

ロケットニュース24 / 2014年1月4日 15時0分

【注意】マジかよ! 「スマホをやりすぎると成績が悪くなる」との調査結果

スマホ! スマホ! スマホでメール、ゲーム、ネットサーフィン! 「スマホがないと生きていけないの~」と思っている人は少なくないと思います。特に学生さん、スマホをやりすぎると成績が悪くなるそうですよ!! これはただの脅しではなく、きちんと調査で出ている結果なのです。不安になった人は必読です!

・集中力が低下
勉強時間が同じでも、スマートフォン(多機能携帯電話)を長時間使う中学生ほど成績が低下するという恐ろしい結果が、仙台市教育委員会と東北大の共同調査で明らかになりました。調査にあたった教授によると、電子機器の長時間利用が脳の働きを混乱させて、集中力を低下させるとのこと。

・生徒約2万5千人を対象に調査
仙台市立中学に通う生徒2万3919人を対象に調査を実施。今年4月に行った主要教科の学力検査と、アンケートによる生活と学習状況調査から分析。そして平日の行動について質問した結果、驚くべき調査結果が!

・家庭で2時間以上勉強する生徒の数学平均点 / スマホ使用時間
0時間 74.7点
1時間未満 75点
4時間以上 57.7点

・勉強をあまりしない生徒よりも下!
勉強時間は30分未満だが、スマホを全く使わない生徒の平均点は62.6点。2時間以上勉強しててもスマホを4時間以上使っていると、それよりも下回ってしまうという恐ろしい調査結果でした。がーん! ちなみにゲーム機やパソコンも同様で、国語や理科、社会でも同じ傾向にあるとのこと。

「使用は1日1時間以内を意識してほしい」
「使用は1日1時間以内を意識してほしい」と教授は指摘します。これは学生に限った場合ではなく、大人にも同じことが言えます。スマホを使う時間はギュッと短縮して、集中力をUPさせましょう。

執筆: 千絵ノムラ.(鮒蒸A)

この記事をロケットニュース24で読む

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング