【世界の機内食】成田空港~トルコ・イスタンブル アタテュルク国際空港(トルコ航空 THY)

ロケットニュース24 / 2014年1月14日 13時0分

【世界の機内食】成田空港~トルコ・イスタンブル アタテュルク国際空港(トルコ航空 THY)

世界の機内食をご紹介する『世界の機内食』シリーズ。今回は、成田空港からトルコ・イスタンブルのアタテュルク国際空港まで飛行しているトルコ航空(THY)のコンフォートクラスの機内食をご紹介したい。

・今回のフライトの料理内容
料理内容は、ローストビーフ、地中海風サラダ、メインはローズマリーソースのチキンブレストか、ほうれん草のクリームチーズのカネロニから選択。これに、洋ナシのムースとプチデザートとパンがつく。飲み物は、アルコールやソフトドリンクなど好きなものを選ぶことができる。

・サラダもローストビーフも味が薄い
地中海風サラダには、トマト・キュウリ・レタス・パプリカが入っている。これにバルサミコ酢をかけて頂くのだ。野菜は正直、あまり新鮮とは言えない。だが、機内でみずみずしい野菜を食べられるのは有難いことだ。ローストビーフも似たような盛りつけで、こちらにはアボカドとオリーブが入っていた。いずれも少し薄味で、塩・コショウで味を調えなければいけなかった。

・パンは風味豊かで美味
幸いメインにチョイスしたチキンブレストは、暖かく味がしっかりとしていて、見た目を通りの食い応えがあった。ローズマリーの香気が芳しく、匂いだけで空腹が満たされそうな気分になった。そしてトルコ航空で忘れていけなないのはパンである。日本で使用している小麦粉と質が異なるためか、温めただけなのに風味が豊かで、噛むごとに小麦粉の旨みが口のなかに広がった。このパンだけで十分に満足いく機内食だったのである。

・あわただしくて落ち着かない……
ちなみに私(佐藤)は、2013年2月にもトルコ航空のコンフォートクラスに乗っている。そのとき、客室乗務員のホスピタリティに感動したのだが、今回は少しあわただしい様子が見え、サービスにゆとりがないように感じられた。食後のプチデザートをテーブルに直接置かれたのには、少し驚いた。できれば器が欲しいところであった。

もしかしたら2月のときは、初めての長時間フライトで少し興奮していたのかもしれない。サービスが物足りなかったのは、気のせいであったと考えたいのだが……。いずれにしても、トルコ航空を利用する方は、パンのおいしさをたしかめて頂きたい。

Report: 佐藤英典
Photo: Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング