【衝撃整形手術】エルフに憧れる女性が自分の耳を手術でトンガリ型にして話題

ロケットニュース24 / 2014年1月17日 13時0分

【衝撃整形手術】エルフに憧れる女性が自分の耳を手術でトンガリ型にして話題

誰にだって憧れの顔や体型はあるだろう。そして、自分の憧れには近づきたいと思うもの。たとえ整形手術に対して強い抵抗感を持っている人でも、「あんな風になってみたいな」という気持ち自体は、多くの人が持っているに違いない。

しかし、中には人間以外のものに憧れてしまう人もいる。カナダ人のメリンダ・ヌーンさんもそのうちの1人。彼女の憧れは、なんと、妖精のエルフ。しかも、ただ憧れているだけでなく、実際に整形手術を受けてしまったのだ。

23歳のカナダ人モデル、メリンダさんは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』の熱狂的なファン。中でも映画に登場するエルフに対しては、並々ならぬ思い入れがあるようで、「エレガントなエルフの耳は、私の憧れ」と語っている。

・前世は妖精
ただ『ロード・オブ・ザ・リング』のエルフに憧れているだけの人なら、世界中に多くいるだろう。しかし、メリンダさんが多くのファンと決定的に違うのは、「自分の前世は妖精で、私は別の世界からやってきた」と信じていることだ。

そんなメリンダさんが、手術に踏み切ったのは、ある意味自然なことかもしれない。彼女は、約4万2000円をかけて自分の耳をエルフのように整形。しかも、手術時の様子をYouTubeで公開している。

・手術の結果には満足
手術では、耳の先端の軟骨を切り取り、尖らせるように引っ張りながら縫い合わせていくらしい。そのため、彼女によると想像以上の痛みを伴うそうで、出血量も多いとのこと。

しかし、手術を受けたことに対しては非常に満足しているらしく、「耳を整形して、はじめて自分に自信が持てた」と語っている。

ちなみに、彼女が耳の次に手に入れたいものは、妖精の粉と空を飛ぶための羽。今後の彼女にも、いろいろな意味で目が離せない。

参考リンク:YouTube HuffingtonPost(英語)
執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング