「世界の食事情」ベスト10が発表される / なんと日本は21位!!

ロケットニュース24 / 2014年1月26日 12時0分

「世界の食事情」ベスト10が発表される / なんと日本は21位!!

世界3大料理は中華料理、フランス料理、トルコ料理と言われている。しかし実際「食」の優劣は、主観的な評価や流行が基準となるもので、順位付けするのは難しいものではないだろうか。

そんな中、NPO団体オックスファムが「世界の食事情」ランキングを発表した。これは「食料の供給量」「食の物価」「食料の品質」「食に関する病気や疾患率」という4つの観点から125の国を評価し、総合的に順位付けをしたものだ。つまり、どこの国の食べ物が美味しいかではなく、どこの国が “食” に恵まれているかを調査した結果である。栄えある1位は、どこの国なのか?

・平均的に優れていたオランダが1位!
数多い国の中で、1位を飾ったのはオランダ、2位フランス、3位スイス、とヨーロッパの国々が順々にランクインしている。

オランダが首位に選ばれば理由は、食べ物の安さ、糖尿病患者の少なさ、そして栄養のバランスが他の国より平均的に優れていたからである。しかし、人口の20%のBMI(肥満度を計る値)が基準値をオーバーしている肥満問題もあったりするので、あくまで平均的に優れていたという結果のようだ。

・最下位はチャド共和国
残念ながら最下位にランクインしたのは子供達の3分の1が標準体重をきっているチャド共和国。その理由は食べ物の栄養素が低く、衛生的にも問題があるにも関わらず、食料の物価は高いからという点からである。

・中東が抱える「健康問題」
ランキングの詳細を見ると国や地域によって「食」に関する問題は様々なようだ。サハラ砂漠周辺に位置するアフリカの国々が「食の供給」が足りていないのは明らかである。しかし意外な結果を見せたのが中東の国々。サウジアラビアは糖尿病の割合が世界一多く、クウェートはなんと世界一肥満な人が多いと発表された。なんと人口の42%もの人が肥満なのだ!! 石油大国恐るべし。

・日本の順位
気になる日本の順位だが世界の中ではアメリカ合衆国と同率で21位。世界の中でも平均寿命が高い日本が、意外にも特別上位にいないという結果には驚きだ。ちなみに以下が世界の「食事情」ベスト10と、ワースト10である。

【世界の「食事情」ベスト10】
1. オランダ
2. フランス
3. スイス
4. デンマーク
5. スウェーデン
6. オーストリア
7. ベルギー
8. アイルランド
9. イタリア
10. ポルトガル

【世界の「食事情」ワースト10】
1. チャド共和国
2. アンゴラ共和国
3. エチオピア
4. マダガスカル
5. イエメン
6. ニジェール
7. ブルンジ
8. モザンビーク
9. ジンバブエ
10. シエラレオネ

参照元:Mail OnlineOxfam(英語)
執筆:ユーニーマン

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング