もう探し物なんかしなくて済む!? 紛失したモノがどこにあるかをiPhoneが教えてくれるアプリ

ロケットニュース24 / 2014年1月31日 6時0分

もう探し物なんかしなくて済む!? 紛失したモノがどこにあるかをiPhoneが教えてくれるアプリ

よく物を失くしてしまう、というアナタに朗報です。なんと、紛失したくないものに付けておくだけで、iPhoneがその在り処を教えてくれるという、画期的なアイテムが登場したの!

海外サイト『FAST COMPANY』によるとその商品の名は、『Tile(タイル)』。

その名のとおりタイルさながら、とってもシンプルなビジュアルの同アイテムを、鍵やお財布など失くしたくないものに取り付ければ、ひとまず準備は完了。あとはあなたのiPhoneに専用アプリをダウンロードするだけで、もう紛失の恐怖とは永遠にさよならできるというわけ。

手のひらに易々と収まってしまうほどの大きさしかない『Tile』、その中には、「30メートル先からでもキャッチできるBlutooth信号を出し続ける」という、驚くべき機能が搭載されています。これである程度離れた場所に探し物があったとしても、大丈夫。

iPhone上のアプリから場所を確認、探索モードに切り替えて在り処であろう位置まで近づくと、iPhoneの画面が探知機さながらに反応してくれるの。しかもこちら、充電不要で1年は持つという優れモノなんですよ~。

さらに同アイテム、アプリユーザーが近くにいた場合は、ユーザー同士で通信を開始。屋外など、どんなに遠く離れた場所に探し物があったとしても、この通信のおかげで在り処が判明するというのですっ。ちなみにこのとき、お互いの個人情報漏えいなどは決してないそうなので、安心してくださいね。

そんな神アイテム『Tile』は未だコンセプト段階とのことですが、製作者であるNick EvansさんとMike Farleyさん曰く、来年後半には本格的に販売を開始していく予定、とのこと。今後の展開を大いに期待したい逸品ですね。

寄稿:Pouch
参照元:FAST COMPANY(英文)

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング