洗わなくても良い食器が登場!? スウェーデン生まれの新素材食器コンセプトがスゴイ

ロケットニュース24 / 2014年2月8日 6時0分

洗わなくても良い食器が登場!? スウェーデン生まれの新素材食器コンセプトがスゴイ

お料理をするのはいいけれど、そのあとに待っているお皿洗いがメンドクサイ! こんな方にピッタリのアイテムが、海外サイト『Mail Online』にて紹介されていました。

それはなんと、驚くなかれ、洗う必要の無い食器! いいですか、もう一度言いますよ。洗浄不要、セルフクリーニング機能の付いた、画期的な食器が開発されたのです!

一体どういうことなのか。その秘密は、食器の材料になっている「セルロース繊維」にありました。

スウェーデンのデザイン会社『Tomorrow Machine』とリサーチ会社『Innventia』が開発中だという「セルロース繊維」は、水とほこりにひときわ強い耐性を持つ、木や綿、麻などによって成る有機化合物。同素材のこの特異な性質によって、食器に汚れがつきにくい食器が実現したみたい。

汚れや水に強い蓮の花、その構造からインスパイアされデザインされた食器表面には、さらに耐性を強めるための加工が施されています。

その上ビジュアルもなかなかスタイリッシュ。加えて、「洗う必要がないから水や洗剤を必要としない」といったエコな点もまた、高ポイントですよね。

ちなみに同食器は、陶器のように丈夫でありながらも、超軽量とのこと。今のところプロトタイプでしかなく、販売される予定はないとのことですが、未来を担う注目すべきアイデアであることは間違いないかも! 今後の展開が楽しみな逸品ですね。

寄稿:Pouch
参照元:Mail Online(英文)

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング