【徹底解説】ネットで話題の「イヌやネコが釣り針に刺されてサメのエサにされる動画」はインチキまみれのデマ動画だから騙されないように要注意

ロケットニュース24 / 2014年2月19日 21時0分

【徹底解説】ネットで話題の「イヌやネコが釣り針に刺されてサメのエサにされる動画」はインチキまみれのデマ動画だから騙されないように要注意

世界中の “イヌ・ネコ好き” から、激しい怒りを買っている動画がある。YouTubeにアップされた動画名は「Disturbing Cruelty: Kittens used as Bait for Sharks」。タイトルに日本語で「サメの餌にされる犬猫たちを救おう」と書き加えられたバージョンもある。

公開されたのは2010年。内容はタイトル通り「ネコがサメのエサにされている」といったものであるが、最初に結論を書いておきたい。この映像はウソまみれのデマ動画である。繰り返す、この動画はデマ動画だ。海外のコアなネットユーザーの間では、とっくの昔に「デマ映像」として認定されている映像なのだ。

・お金持ちのアメリカ人がイヌ・ネコをエサにサメを釣る
公開されている動画の内容と情報を、さらに詳しく説明しよう。情報によれば、この映像が撮影されたのはインド洋のあるフランス領レユニオン島。動画に映っているのはお金持ちのアメリカ人で、イヌやネコ(子猫)をエサにして、優雅にサメ釣りを楽しんでいる映像だと解説している。

たしかに、ネコが生きたまま釣り針に突き刺され、海を泳いでいる場面は収録されている。思わず目を背けたくなるシーンだが、この「針に突き刺され」という場面もウソであると言われている。詳しくは後述したい。また、実際にサメに食べられているシーンや、そもそも「イヌ」は1秒たりとも出てきていない。

・米フロリダ在住のペテン師が2009年に作った
後述する詳しい解説を読むのがメンドクサイ人のために、より突っ込んだ結論を先にお伝えしたい。この映像は、「ネコをエサにサメを釣る動画」をエサに金儲けをしようとした、米フロリダ在住のペテン師が2009年に作ったものだ。

しかも金儲けの方法がセコい。なんと、「ネコをエサに釣りをするな」と書かれたTシャツを19ドル95セント(約2040円)で売るために、ウソまみれの動物愛護キャンペーン活動をするために、この動画を作ったのである。ネコでサメを釣っているなんて事実は存在しない。イヌについては後述する。

・イヌ・ネコ好きな人を狙ったウソ動画
むろん、この動画を作ったペテン師が狙ったのは、動物虐待の情報には「かわいそう!」と飛びついて、寄付や援助、動物愛護運動をするような心優しき人たちである。真偽を疑おうともせず、「イヌ・ネコだから」と、まんまと騙されてしまう、イヌ・ネコ好きな人たちがターゲットだ。

そんな素直な心を持っている人たちが、大昔に海外ではウソ判定されているフェイク動画に対し、マジレス&マジギレしているのが現状だ。ウソを見抜けなかった人たちが、哀れにも騙されている……いや、2009年から騙され続けているのである。当のペテン師は、とっくの昔にトンズラしているのに、だ。

それでは、なぜ、このような動画が2009年に作られたのかについて、次ページ(その2)(http://wp.me/p25BsW-1JTY)から徹底解説してみたい。ちなみに、この動画は昨年2013年3月中旬ごろにも、ウソだと見抜けなかった人たちによって大きな話題になっていた。それについても後述する。すべてを読めば、もう騙されない。

次ページ(その2)(http://wp.me/p25BsW-1JTY)

参照元:YouTube
執筆:GO羽鳥和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング