【中国】深刻な大気汚染のなか結婚写真を撮るカップルが世紀末すぎると話題

ロケットニュース24 / 2014年2月27日 23時0分

【中国】深刻な大気汚染のなか結婚写真を撮るカップルが世紀末すぎると話題

幸せな2人の姿を映し出すウェディング・フォト。誰だってベストコンディションで最高の笑顔を残したいのではないだろうか?

中国で思わず「世紀末だ」と言いたくなるような新婚カップルが激写されたそうだ。結婚写真を撮影中の2人の顔を見てみると……何じゃコリャーっ!? 華やかなドレス姿に、軍隊のようなイカツイ防毒マスクを着用しているのである。

・ウェディングドレスと防毒マスク
この2人が激写されたのは北京市朝陽区だ。2014年2月25日15時40分頃のことだという。車が往来する道路の横でパリっとした礼服の新郎と美しいウェディングドレス姿の花嫁が背中合わせに立ってポーズをキメている。

排気ガスのせいか大気汚染のせいか、なんだかチリや埃が舞っているが、しっかりと手を握り合う2人は、とても幸せそう。だが彼らの表情は一切不明だ。というのも、ガッツリと防毒マスクをかぶっているからである! まるで軍隊か『風の谷のナウシカ』だ。

・ネットの声「ウソでしょーっ!?」
防毒マスク着用の結婚写真とは、「幸せな2人」と言うにはあまりにもシュール! この画像は中国メディアでも取り上げられ、中国ネットユーザーから以下のコメントが寄せられている。

「ウソでしょーっ!?」
「北京の空気はそんなにヒドいの?」
「ネタじゃないのか?」
「これじゃ誰かわからないよ」
「さすがにアートか風刺なんじゃないかな」
「ドレスも黒くなっちゃいそうだね」
「ある意味、歴史の証明だよね」
「世紀末すぎる……」
「なぜ北京で撮影したのかな。外国に行けばいいのに」

・この日の北京のPM2.5指数は最高レベルの重汚染
なお、この日の北京市のPM2.5指数は349。6段階中、最高レベルの「重汚染」だ。「重汚染」とは屋外活動を避け屋内に留まるように呼びかけられるレベルである。防毒マスクを着用すれば良いというものでもないんじゃ……。こんな日に何してるんだよ……っ! 

彼らに撮影日延期や屋内撮影に変更という選択肢はなかったのだろうか? 全くもって謎だが、この防毒マスクの記念写真を見れば、結婚当時の北京の様子を鮮明に思い出せることに間違いはないだろう。 

参照元:鳳凰網家園網(中国語)
執筆:沢井メグ

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング