【グルメ】新鮮な豚の脳ミソがたっぷりの『豚の脳ミソ丼』を食べてみた

ロケットニュース24 / 2014年3月10日 23時0分

【グルメ】新鮮な豚の脳ミソがたっぷりの『豚の脳ミソ丼』を食べてみた

豚の脳ミソ料理が食べられる『上海小吃』(シャンハイシャオツー)という中華居酒屋をご存じだろうか? 東京の歌舞伎町にあり、雨でも雪でもいつも大盛況! 絶品中華が堪能できるとあって、多くの人たちが訪れる。

そんな『上海小吃』には珍味も存在する。そのひとつが豚の脳ミソだ。オカズとして注文してもいいが、ツウはライスを注文して「丼料理」として食べるという。つまり豚の脳ミソ丼として食べるというわけだ!! 実際に食べてみた。

実際に食べた佐藤記者によると「あまりにも濃厚すぎる。特濃、濃縮、とにかくマッタリ感が凄まじくて満足感が高い」とのこと。ツウはそこに幼虫を入れて食べるらしく、佐藤記者は豚の脳ミソと幼虫を混ぜて食べた。

すると、幼虫もクリーミィーでマッタリとしているため、濃厚度がすさまじく高いテイストになったという。すごい!! もし機会があれば、皆さんも豚の脳ミソとライスを注文してチャレンジしてみてはいかが?

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 上海小吃
住所 新宿区歌舞伎町1-3-10
時間 平日18:00 ~ 5:00 / 日・祝日18:00 ~ 2:00

Model: 佐藤記者(弐号機)
Report: Kuzo.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング