【まんが】メーカー非公認の「詰め替えインク」を使うとプリンタとの関係がギクシャクする

ロケットニュース24 / 2014年3月11日 19時0分

【まんが】メーカー非公認の「詰め替えインク」を使うとプリンタとの関係がギクシャクする

プリンタや複合機を使っている人ならば、おそらく誰もが思っていること……。それは「プリンタのインクは高すぎる」ということではないだろうか。日本中……いや、世界中の人が思っているはずだ。断言してもいい。プリンタのインクに対する世界の不満は爆発寸前といっても過言ではない。

その不満に応える商品が、メーカー非公認の「詰め替えインク」であるが、はたして「詰め替えインク」を使い続けると、プリンタはどのように反応してくるのだろうか。素直に受け入れるのだろうか? その答えは……今回ご紹介するマンガに描いてあるっ!!

プリンタの “詰め替えインク戦争” を描いたマンガは、漫画家マミヤ狂四郎氏が『月刊ゲームラボ』で連載中の「教えて!! おたく兄さん」である。執筆されたのは2010年4月。なお、この話は『【まんが】なぜプリンタのインクは「そんなに使ってないのに減っている」のか』の続編でもある。

ちなみに作者マミヤはこう述べる。「プリンタを選ぶ時は、詰替えインクの価格で選ぶべき。それを考えると、史上最強のコスパをほこるプリンタは brother だ!!」と。漫画のURLは(http://wp.me/p25BsW-1LHD)。メーカーと詰め替えインク業者が和解することを願いつつ……教えて!! おたく兄さん!

参考リンク:ゲームラボ三才ブックス
漫画: マミヤ狂四郎

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング