末期ガンのおばあちゃんの日常を紹介しているInstagramが話題 / お茶目な姿に世界中がほっこり

ロケットニュース24 / 2014年3月17日 11時0分

末期ガンのおばあちゃんの日常を紹介しているInstagramが話題 / お茶目な姿に世界中がほっこり

Instagram(インスタグラム)とは、スマホで撮影した写真を共有できる大人気アプリ。いわば写真に特化したSNSである。そんなInstagram の中で、アカウント作成からわずか2カ月ばかりで7万人以上のフォロワーを獲得している今大人気のものがある。

それは、末期ガン患者の日常をとらえたアカウント。人気の秘密は、ありのままの末期がん患者の日常が分かるとともに、紹介されている動画や画像がいい意味でがん患者らしくない、心暖まるものだからである。

アメリカ・インディア州に在住のベティさんは、末期の肺ガンだ。ただし、入院しているわけではない。自宅で家族と一緒に残された時間を過ごしている。

ベティさんの孫のザックさんは、自分のおばあちゃんの日常風景を撮影して投稿するために、Instagram のアカウントを作成した。当初は、おばあちゃんの最後の時間を家族や友人たちと共有するために作ったという。だが今やそのアカウントは、世界中でファンを獲得している。

写真で紹介されているベティさんは、なんともお茶目。カメラに向かってピースサインをしていたり、おしゃれをしていたり、肺がんなのに、タバコを吸っているカットまである。その姿はとても末期がんとは思えないほどだ。そして、ベティさんの人生を謳歌する姿は、世界中から共感を呼んでいるもよう。

画像を見たユーザーからは、「なんてキュートなおばあちゃんなんだ」「見ていると心が暖まるよ」などの賞賛コメントが、Instagram のコメント欄など、ネット上に多数寄せられている。しかも、激励の手紙やプレゼントまで送られているようだ。また、ベティさんは自身もフォロワーが増えることを喜んでいるらしい。

あなたも投稿されている動画や写真を見れば、とても末期がん患者とは思えない空気感に、思わずほっこりしてしまうこと請け合いである。

参照元:Instagram @grandmabetty33HuffingtonPost(英語)
執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング