【注意喚起】プールでオシッコをすると「化学兵器に使用される有害物質が発生する」との研究結果

ロケットニュース24 / 2014年3月19日 21時0分

【注意喚起】プールでオシッコをすると「化学兵器に使用される有害物質が発生する」との研究結果

子供の頃、プールで泳いでいる時にトイレに行くのが面倒で、そのまま水の中で用を足したことがある人は多いだろう。褒められた行為ではないのものの、特に害はないと思っているのなら大間違いである。なんとプールでオシッコをすると、塩素と尿が化学反応を起こし化学兵器にも使用される危険物質が発生するというのだ!

・プールで放尿すると危険化学物質が発生
プールで放尿することによって起こる化学反応を研究したのは、中国農業大学と米パデュー大学の科学者チームだ。まず彼らは、汗と尿に似せた化学成分と中国のプールから採取した水を混合。そこへ塩素を加え反応を検査したところ、尿に24~68パーセントの割合で含まれる尿酸に主に反応し、塩化シアンが発生することが判明したのである。

・化学兵器にも使用される塩化シアン
塩化シアンは、吸い込むと肺や心臓、中枢神経系に悪影響を及ぼす有害な化学物質だ。塩化シアンはシアン化水素と共に化学兵器の血液剤として使用され、吸入すると血中から酸素を摂取できなくなり死に至るのである。

・放尿量は平均ショットグラス2杯分
プールで用を足す人の放尿量は平均的にショットグラス2杯分ほど。そして、プール中における尿酸の93パーセントは尿によるもので、汗から生じる尿酸は僅かだという。塩化シアンのほか、トリクロラミンという肺機能を低下させ、目のかゆみや鼻水の原因にもなる化学物質が発生することも分かっている。

・競泳選手への悪影響は絶大
特に競泳選手の体に及ぼす影響は大きく、彼らに気管支生検を行ったところ、炎症や軽い喘息を患っている人が見つかったというのだ。科学者チームは、「プールの水を分析するまで泳ぐべきではない」と注意を促している。

みんなが「自分一人ぐらいプールで用を足しても大丈夫だろう」という気持ちでいると、結果的にプール内の塩化シアンが増えてしまう。やはり何に関しても “私一人ぐらい” という行動は慎みたいものだ。

参照元:Environmental Health NewsMail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング