【衝撃グルメ】24時間営業のパン屋が「ひぎゃあああーッ!!」と叫ぶほど美味でヤバイ! 深夜も早朝もOK! バターたっぷりパン

ロケットニュース24 / 2014年3月19日 22時0分

【衝撃グルメ】24時間営業のパン屋が「ひぎゃあああーッ!!」と叫ぶほど美味でヤバイ! 深夜も早朝もOK! バターたっぷりパン

様々なデパートやレストランがひしめき合う東京の一等地、銀座。その近く、江東区の一部エリアには、和菓子やケーキ、パンなどの製造工場が数多く並んでいる。そう、江東区は、築地とはまた違った意味での「食の台所」と言えるだろう。そしてなんと! そんな工場では、ホカホカのできたてを販売しているのだ!

・住宅街にひっそりと建つ工場は年中無休24時間営業!
目当てのパン工場は、東陽町駅 1番口を出て5分ほど、学校なども多い住宅街のなかにある。大きく「モン シェール」と書かれた看板が目に入るだろう。なんとこの工場では24時間、パンを販売している。そのため、いつでもできたてを味わうことができるのだ! 夜間は看板が赤く点灯しているので、それを目印にしてほしい。

・手に持つとずっしり……重たいパンの秘密
こちらで販売しているのは、よくある食パンではなく、サクっとした口当たりとバターの風味が楽しめるデニッシュタイプのパン。プレーンは2斤900円(2014年4月1日より980円)で販売されている。何より驚くのは、重さ。手に持つとずっしり……その秘密は、バターと生クリームにある。このデニッシュパンには、新鮮なバターと生クリームがふんだんに使われているのだ! そのため、口当たりはふんわりとしており、一口かめば一気に甘さが広がる。

・仕上げはトーストやレンジでサクフワ!
このデニッシュパン、もちろんそのまま食べてもうまい。だが、せっかくたくさん買うのだから長く楽しみたい……そんな方は、パンを冷凍庫へ! 2週間程度であれば、出来立てと変わらぬ美味しさを保てる。解凍後のパンは、電子レンジかトースターへ。電子レンジであればフワっとした仕上がりに、トースターであればサクっとした食感も楽しめる。

・激うま! 小豆を練りこんだあんこデニッシュも!
予約せずに買えるのは、プレーン2斤と、店頭にはられた「本日のメニュー」に書いてあるもの。1.5斤で販売されているフレーバーデニッシュは、日替わりで提供されている。フレーバーデニッシュ一番のオススメは、自然な甘さが楽しめるあんこデニッシュ。このほか、チョコ、メープル、シナモン、カスタード、季節商品などがある。予約すればどれも購入可能、また予約であればプレーン3斤も販売している。どうしてもパンが食べたくなったら、24時間営業の工場へ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 モンシェール 東陽町工場
住所 東京都江東区東陽5-24-10
時間 24時間営業
休日 年中無休

店名 モンシェール 銀座博品館店
住所 東京都中央区銀座8-8-1 銀座博品館1階
時間 17時~売り切れまで
休日 土日祝

Report: TJ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング