あの頃まさに黄金期だった!! 海外メディアが選ぶ「今のゲームより面白い90年代のゲーム11選」

ロケットニュース24 / 2014年3月24日 17時0分

あの頃まさに黄金期だった!! 海外メディアが選ぶ「今のゲームより面白い90年代のゲーム11選」

1983年、任天堂が「ファミリーコンピューター」を発売し、家庭用ゲーム機の歴史に革命が起こった。その後、1988年に「メガドライブ」が、1990年に「スーパーファミコン(SFC)」、1994年に「セガ・サターン」に「プレイステーション」と、90年代は群雄割拠!

もちろんソフト数も多く、SFCだけで年間300本以上ものタイトルが発表されたほどだ。そんな黄金期とも言える90年代のゲームは今やっても面白い!! そこで海外サイトが選ぶ「今のゲームより面白い80年代テレビゲーム11選」をご紹介したい!

これは、海外サイト「Business Insider」が発表したものだ。最も勢いのあったSFC以外にも様々なハードの作品が選出されているぞ。あなたはいくつプレイしたことがあるだろうか?

【海外サイトが選ぶ今のゲームより面白い90年代テレビゲーム11選】
1:スーパーマリオカート(1992年 / レース / SFC / 任天堂)

2:ゴールデンアイ 007(1997年 / FPS / NINTENDO64 / 任天堂)

3:ストリートファイターⅡ(1992年 / 格闘 / SFC / カプコン)

4:モータルコンバット 神拳降臨伝説(1993年 / 格闘 / SFC / アクレイムジャパン)

5:NFL プロフットボール’94(1994年 / スポーツ / メガドライブ / エレクトロニック・アーツ・ビクター)

6:ソニック・ザ・ヘッジホッグ(1991年 / アクション / メガドライブ / セガ)

7:DOOM(1993年 / FPS / MS-DOS / id Software)

8:ポケットモンスター赤 / 緑(1996年 / RPG / ゲームボーイ / 任天堂)

9:大乱闘スマッシュブラザーズ(1999年 / アクション / NINTENDO64 / 任天堂)

10:NBAジャム(1994年 / スポーツ / SFC、メガドライブ、ゲームギアなど / アクレイムジャパン)

11:スーパードンキーコング(1994年 / アクション / SFC / 任天堂)
※家庭用ゲーム機での発売年を記載

以上である!

うおおおっ!! SFC以外にも、メガドラにゲームギア、NINTENDO64 まであるではないか! マリオカートや、ポケモンなど納得のタイトルもあれば、結構マニアックなものもある。海外なのでこういう結果になったのかな、と思いきや、海外のネットユーザーからも「マザー2がない」、「ゼルダの伝説を入れるべき」など、大好きなタイトルが入っていないことへのツッコミの声も出ている。

しかし、「ああでもない、こうでもない」と議論できるのは、この時期に数多(あまた)の名作が世に送り出されたがゆえだとも言えるのではないだろうか? それにしても、毎月、毎月、後の世の神ゲーになるタイトルが発表されていたなんて、90年代は、まさに黄金期だったんだなぁ……。

参照元:Business Insider(英語)
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング