『会いたくない人との鉢合わせを避けられるアプリ』が登場! 開発者は「これからはアンチソーシャルの時代が到来する」と予測

ロケットニュース24 / 2014年3月25日 11時0分

『会いたくない人との鉢合わせを避けられるアプリ』が登場! 開発者は「これからはアンチソーシャルの時代が到来する」と予測

仮病を使って遊びに行っている最中に会社の人とバッタリ会ってしまったり、元カノと食事に出かけた時に現彼女と鉢合わせしたり、修羅場をくぐり抜けた人は結構いるのではないだろうか。「そんな気まずい状況はできるだけ避けたい!」という人のために、なんと苦手な人や会いたくない人を避けられる “アンチソーシャル” なアプリが開発され、話題になっているのである。

・苦手な人を避けられるアプリ「Cloak」
会いたくない人にバッタリ会うのを避けられるアプリ「Cloak」を開発したのは、プログラマーのブライアン・ムーア氏とウェブメディア「Buzzfeed」の元クリエイティブ・ディレクター、クリス・ベイカー氏だ。Cloak は、SNS の Foursquare と画像共有サイト Instagram から位置情報を引き出して、会いたくない人がどこにいるかを教えてくれる優れ物である。

・特定の範囲内に相手が現れると警告が!
使い方は簡単だ。まず Cloak のアプリを開いて Foursquare と Instagram につなぐと、あなたの現在地と会いたくない人の位置が地図上に示される。

もし鉢合わせしたくない人が地図に表示されたら、“旗” マークを選んで登録しておくと、特定の範囲内にその人物が近づくと警告してくれる仕組みだ。初期設定は800メートルの範囲に設定されているが、範囲を狭めたければ好みで変更可能である。

・将来的には Facebook とも提携
現在のところ、Cloak が位置情報を得られるのは Foursquare と Instagram からだけで、両 SNS で避けたい人物をフォローしていないと使えない。だが、これから Facebook を始めとする様々なソーシャルメディアと提携していきたいと開発者は意向を語っている。

・これからはアンチソーシャルメディアの時代に
ベイカー氏にとって、アンチソーシャルなソフトウェアを開発するのは今回が初めてではない。昨年、彼は Facebook のフィードに上がってくる見たくない内容をブロックするソフト「Rather」の開発に協力しているのである。

「ソーシャルネットワークの時代はピークに達したと言えます。これからはアンチソーシャルなプロジェクトやソフト開発が増えていくでしょう」と語るベイカー氏は、アンチソーシャル時代の幕開けを感じているようだ。

確かにソーシャルメディアは飽和状態になりつつあるような気がする。しかし Cloak で、苦手な人を避けられるのならそれはそれで良いが、逆にストーカー行為に利用されないか気になるところだ。

参照元:CloakMashable(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング