【動画】ティム・クックも評価! 音楽アプリを使ったビリー・ジョエルの即興パフォーマンスが素晴らしすぎるッ!

ロケットニュース24 / 2014年3月25日 9時0分

【動画】ティム・クックも評価! 音楽アプリを使ったビリー・ジョエルの即興パフォーマンスが素晴らしすぎるッ!

世界的に活躍するミュージシャン、ビリー・ジョエル。その彼の歌唱力が一目でわかる動画が話題を呼んでいる。彼は最近、米NBCの深夜のトーク番組に出演し、即興で司会者とドゥワップの名曲を披露したのだ。2人の掛け合いは非常に素晴らしく、アップルのCEOティム・クックも評価している。

・簡易レコーディングアプリで演奏
ビリーが出演したのは、ジミー・ファロンが司会者を務める『ザ・トゥナイト・ショー』である。そこでジミーは iPad mini を持ち出し、ライブパフォーマンスを開始するのである。

使用したのは、わかりやすいインターフェイスで高評価を得ている定番レコーディングアプリ「Loopy HD」だ。簡単なトラックレコーディングが行えうえに、ライブパフォーマンスでも使用することが可能である。

・60年代ドゥワップの名曲を披露
1960年代のヒットナンバー『ライオンは寝ている』(The Lion Sleeps Tonight)のイントロ部分をジミーが1トラックに入れると、次はビリーがこれにハモる形で参加し、交互にハーモニーを組んでいくのである。もしかしたら、事前の打ち合わせはなく、いきなり始まったライブパフォーマンスだったのかもしれない。

・ジミーもなかなかの実力
しかし2人はうまく呼吸を合わせて、見事な歌声を披露する。さすがビリー、美声は健在である。一方ジミーも負けていない。むしろビリーの実力について行くあたりは、彼もミュージシャンとして活躍するだけはある。それにしても楽しい共演だ。これだけサラリと音楽を披露できれば、人生は楽しいに違いないだろう。楽しそうでうらやましい。

参照元:YouTube
執筆: 佐藤英典

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング