【アップル】次期iPhoneのモックアップ画像公開か!? 新端末にはソーラーパネルが標準搭載されるかもしれない

ロケットニュース24 / 2014年3月25日 23時0分

【アップル】次期iPhoneのモックアップ画像公開か!? 新端末にはソーラーパネルが標準搭載されるかもしれない

アップルの次期「iPhone」に関して、2つのサイズ(4.7インチと5.6インチ)が用意されると噂されている。実際のところ、本当に2つのモデルが発売されるか不明なのだが、一部それを裏付ける情報が取りざたされ、話題を呼んでいる。

あるケースメーカーが次期端末と見られる、モックアップ(実物に似せた模型)画像を公開したのだ。それを見ると、たしかにiPhone5sよりも一回り大きくなっている。iPhoneは本当にさらにデカくなってしまうのか?

・プロトタイプ画像と想定される仕様
この画像は「Bling My Thing 」が公開したものだ。このサイトは「(iPhoneの)プロトタイプ画像を手に入れた」と報告している。

また仕様についても伝えており、ディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチの2モデル用意されるとしている。画面はサファイアガラスを使用、8MピクセルのカメラはF値1.8になり現行(iPhone5s)のF値2.2から向上するという。気圧・気温・湿度センサーが付き、さらにスクリーンでソーラーパネルが搭載されると伝えている。なお、販売時期は2014年9月としている。

・サイズに関しては噂通り
これが本当に次期iPhoneのモックアップなのかは不明だ。だが、当初の予測通りサイズに関しては、噂通りといって良いのではないだろうか。ということは、やはりサイズアップは確定と見て良いかもしれない。いずれにしても、今後の動向が気になるところである。

参照元: Bling My Thing9to5 Mac(英語)
執筆: 佐藤英典

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング