【衝撃家電】「かわいらしい妹のようなロボット家電と暮らしたい!」という声にお応えしてシャープがツンデレ掃除ロボを開発!

ロケットニュース24 / 2014年3月25日 18時0分

【衝撃家電】「かわいらしい妹のようなロボット家電と暮らしたい!」という声にお応えしてシャープがツンデレ掃除ロボを開発!

最近は家電の進化が目覚ましい。本来の機能的な役割とは別に、新たな技術を駆使してユーザーの想像を超える機器が次々と登場している。そんななか、シャープが今までにない衝撃的な掃除機を発表した。

従来の掃除ロボット「COCOROBO(ココロボ)」に、癒し効果向上を目指した音声会話機能を搭載。「かわいらしい妹のようなロボット家電と暮らしたい」というユーザーの声にこたえ、声優 × 漫画家 × 家電がコラボした特別モデル「プレミアムなCOCOROBO」を誕生させたのである。やっぱ目の付け所がシャープだね~ッ!!

・音声会話機能に性格
これは同社のインターフェース「ココロエンジン」をベースに、より親しみやすさを追求している。本来のお掃除機能に加えて、音声会話機能に性格的な側面を持たせ、24時間話し相手になってくれるそうだ。

・掃除機なのに気分屋
しかもただ返事をするだけではない。掃除機なのに気分屋で、不機嫌な回答をする場合があるという。同社が紹介している会話例を見ると、不機嫌なときの回答が本当にツレないのだ。

・「プレミアムなCOCOROBO」の会話例

ユーザー 「掃除うまいね」
プレココ 「べ、べつに、あなたにほめてほしくて掃除したんじゃないんだからね」

ユーザー 「ジョギングしたよ」
プレココ 「たまにはやるじゃない」

ユーザー 「使い方を教えて」
プレココ 「ごはん、何がいいかな?って聞いて」

ユーザー 「今日のラッキーアイテムは?」
プレココ 「そのくらい、自分で調べなさいよ」(シャープ公式ページより引用)

・孤独感が倍増しそう……
なるほど、たしかに気分屋。可愛らしいところもあるのだが、そのうち話しかけるのが面倒臭くなりそうな気もするような……。しかも、掃除機に話しかけて冷たい態度をとられた日には、孤独感が倍増するような気がしてならない。だが、実際に使用してみないと、どんな感覚を味わえるのかは不明だ。

・3月31日からモニター募集
ちなみに、2014年3月31日からウェブもしくは郵送でモニターを募集している。抽選で11名が1カ月間、プレミアムなCOCOROBOをモニター利用できるとのことである。また、3月30日にはAKIBAカルチャーズ劇場で行われるイベントで、1名にモニター使用する権利を与えられるそうだ。使ってみたい! と思っている方はぜひともチェックして頂きたい。

それにしても、妹のようなキャラを投入してくるとは、やっぱシャープだねッ!

参照元: プレミアムなCOCOROBO
執筆: 佐藤英典

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング