【デジタル】4K動画の編集に時間がかかり過ぎてヤバイので「4Kに適した格安デスクトップパソコン」を用意! スピード検証

ロケットニュース24 / 2014年4月8日 15時0分

【デジタル】4K動画の編集に時間がかかり過ぎてヤバイので「4Kに適した格安デスクトップパソコン」を用意! スピード検証

仕事用のパソコンとして筆者(私)は3~4年前に発売された日本エイサーの『7750G』を使用している。CPUは『Intel Core i7-2630QM』で、メモリは増設して16GBを積んでおり、ビデオボードは『AMD Radeon HD 6850M 4083MB Hyper Memory』だ。ノートとしてはハイスペックだが、4K動画の編集には音を上げた。というか壊れた(笑)。

・仕事に支障が出る
『FDR-AX100』で撮影した4K動画を『Movie Studio Platinum 13』で編集していたのだが、ガンガン落ちるようになり、動画編集をしていないのに「バチン!」という音とともに電源が落ちるようになった。何かがおかしくなったのか!? そもそも、このままでは編集に時間がかかりすぎる!! パソコンに負荷がかかりすぎる! つまり仕事に支障が出る。

・もっと安いデスクトップパソコンを求めて
そこで今回、ロケットニュース24編集部の公式YouTube に 4K動画を導入するにあたり、仕事に支障が出ないよう、編集をスムーズに進めるべくハイパワーなデスクトップを用意することにした。しかし、パソコンショップの動画編集向けパソコンを見てみると60万円とか80万円とか、信じられない金額が。そんなのは絶対に無理! 求めるのは10万円、高額でも20万円くらいのものじゃないと予算的に厳しい。とにかく、もっと安いデスクトップパソコンを求めて秋葉原に行って店員さんに聞いてみた。

・100万円くらいかかります → 無理(笑)
4K動画編集をスムーズにしたいと話したところ、『Movie Studio Platinum 13』や『VideoStudio Pro X7』などの動画編集ソフトはメモリとCPUのパワーが重要らしく、ビデオボードはそれほどハイスペックなものは必要ないという。じゃあショップサイトに書かれていたものより安く買えるのかな? そう思って、店員に4K動画の編集に最適なパソコンはどんなものか聞いたところ「100万円くらいかかりますがそれがベストです」とのこと。無理(笑)。

・4K動画編集に使えるパソコンが約20万円!
CPUとメモリーを最強に近いものにして、ビデオボードは一昔のものにして、マザーボードと電源は普通のものにする。それでギリギリの安い値段で見積もってもらったところ、20万円くらいになった! すげえ!! 4K動画編集に使えるパソコンが約20万円! スペックは以下のとおり。

・編集部の4Kに適した格安デスクトップパソコン
CPU Intel Core i7-4820K
クーラー ENEMAX ETS-T40-TB
メモリ センチュリーマイクロ CK8GB D3U1600/H 8枚 
マザー ASUS P9X79
SSD CFD CSSD-S6T256NHG6Q
HDD Seagate ST3000D001
光学ドライブ LG BH14NS48 B/K
ビデオ GIGABYTE GV-N75TOC-2GI
ケース COOLER MASTER Centurion 6
電源 FSP PT-650M

・能力の違いを確かめてみた
本来ならば組み立て料金が必要なのだが、今回はできるだけ安く買うため、自作パソコンに精通している友だちに組み立ててもらった。友だちが慎重に組み立てていき、頑張ること約3時間! ついに4K動画が編集できる格安パソコンが完成ッ! お手伝いありがとうッ! さっそく、編集ソフト『Movie Studio Platinum 13』で能力の違いを確かめてみたぞ!

・4K動画のデータ読み込み(1ファイル約100MB)
新パソコン 約17秒
旧パソコン 約33秒
時間差 約16秒
※『Movie Studio Platinum 13』で編集する際は4K動画ファイルを読み込ませる必要があり、それに要した時間です

・4K動画の書き出し(3ファイルを使用した1分の4K動画)
新パソコン 約5分56秒
旧パソコン 約16分7秒
時間差 約10分11秒
※記録形式は XAVC S 4K 3840X2160 Long-GOP 29.97p です

・ノートより速くて当然だけど
結果は上記のとおり一目瞭然! 新しく作ったパソコンが以前のパソコンより3倍の速さで書き出しを終らせた! 強いCPUと64GBのメモリーのおかげか!? これはすごい。もちろん、新しいパソコンなうえにデスクトップパソコンなのだから、ノートより速くて当然かもしれない。

・仕事の効率をあげるために
しかし、無理をして4K動画を低スペックのパソコンで編集している人は多いのではないだろうか? だったら悪いことは言わない。仕事の効率をあげるためにも、時間を大切にするためにも、CPUとメモリーに力を注いだデスクトップパソコンにするべきだ。やや高くても、すぐにもとは取れるだろう。

・4K動画編集向けパソコンを作って感じたこと(あくまで個人的)
ビデオボードよりCPUとメモリが大事
ショップサイトの4K動画向けパソコンは高額すぎる
絶対にショップに足を運んでスタッフと相談したほうが良い(削れる部分がわかる)
電源は高くなくていい

Report: Kuzo(ロケットデジタル部).
Photo: Rocketnews24.
※ロケットデジタル部は、実際に入手、または使用、または購入した物だけをレビューしていくロケットニュース24編集部内の部署。マニア目線ではなく素人目線。スペックより「どう感じたか」を重要視。ネガティブもポジティブも正直に書いていくのが信条。

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング