【衝撃動画】あまりの衝撃から「ながら運転」は絶対にやめようと思える30秒の動画が恐ろしいと話題に

ロケットニュース24 / 2014年4月9日 18時0分

【衝撃動画】あまりの衝撃から「ながら運転」は絶対にやめようと思える30秒の動画が恐ろしいと話題に

「ながら運転」という言葉を知っているだろうか? 運転免許を持っている人ならもちろん知っているだろうが、運転をしながらも同時に何か別の行動をとる危険行為である。「食べながら」「テレビを見ながら」「スマホをいじりながら」などと色々な「ながら運転」が存在する。

そんな「ながら運転」の注意喚起のためにある動画が公開されたのだが、その動画があまりにも生々しくて恐ろしいことで話題をよんでいる。「Manifesto – Texting while driving video」と題されたその動画はたった30秒だが、一度見ればあまりの衝撃から「ながら運転」は絶対にやめようと思える内容となっている。

・楽しそうなドライブ
動画を制作したのはアメリカの高速道路安全局。「運転中の一瞬の不注意が全てを台無しにしてしまうということ」を伝えるために作られたこの動画は、若者達が楽しそうにドライブをしている様子から始まる。

・メールの着信から始まる悲劇
談笑する若者達。そこに運転手である女の子のスマホがメールを受信する。運転手の女の子は会話を楽しみながらもスマホを手にとり、画面をチラチラと確認しながら運転を続ける。そして、メールを返信することに気を取られた結果、なんと「一時停止」の標識を見落としてしまうのだ。次の瞬間……真横から猛スピードの大型トラックが車を直撃する!!

・何回転もする車
普通乗用車が大型トラックに突っ込まれたらそりゃひとたまりもない!! 激しくクラッシュし、何回転もする車。直撃する瞬間の映像はスローモーションで再生されるのだが、楽しかった車内の雰囲気が一瞬にして無となってしまう描写には思わず身震いしてしまう。

・違反切符は救命につながる
動画の最後には警察官が「誰もが警察に車を止められるのは嫌がるでしょう。しかし、もし私がもっと早くに彼女の『ながら運転』を見つけて彼女に違反切符を切っていたら、彼女の命を救えたかもしれません。」というメッセージを残している。

もし、「自分は『ながら運転』が得意」だとか、「警察がいる前だけはしないように注意しよう」なんて思ってしまっている人にはぜひともこの動画を見ていただきたい。「ながら運転」、ダメ、絶対、だ。

参照元: YouTubeMashable (英語)
執筆: ユーニーマン

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング