【衝撃格闘動画】アメリカの「金網電流爆破デスマッチ」が想像以上にスゴかった

ロケットニュース24 / 2014年4月15日 10時0分

【衝撃格闘動画】アメリカの「金網電流爆破デスマッチ」が想像以上にスゴかった

世の中には様々なデスマッチが存在するが、日本発のデスマッチといえば「電流爆破デスマッチ」だ。史上初の電流爆破デスマッチは、1990年8月4日、汐留で行われたの大仁田厚 vs ターザン後藤のノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ。そのインパクトは、いま見ても色褪せない。

その後、電流爆破デスマッチは、進化に進化を重ねて今に至るわけであるが、海の向こうのアメリカでも、金網電流爆破デスマッチは何度も行われていたもよう。しかも、想像以上にド派手でスゴ! その映像は、動画「WSX – Best of Extreme Exploding」で確認できる。

団体名は「WSX(Wrestling Society X)」。試合映像を見てみると……おお、なんだかイイ感じ! 爆発のバリエーションも想像以上に豊富でスゴイ!! いかにもアメリカ的なド派手さと、エンターテイメントに徹した “ある意味わざとらしい” 映像は、マニアでなくても一発で楽しめる分かりやすさだ。

ちなみにWSXは、テレビ放送をメインとした団体……というか番組名。2007年1月30日にスタートしたが、あまり人気がなかったためか、放送9回目の3月14日で打ち切りになった。わずか1カ月半の歴史である。ちなみに、このWSXには、日本人選手「堀口元気」と「吉野正人」も出場しているぞ!

参照元:YouTube
執筆:GO羽鳥

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング