原宿の台湾スイーツ店『マンゴーチャチャ』の “ マカロン” はマカロンの概念を完全にブチ壊した絶品 / 本物の果物かと思った

ロケットニュース24 / 2014年4月19日 12時0分

原宿の台湾スイーツ店『マンゴーチャチャ』の “ マカロン” はマカロンの概念を完全にブチ壊した絶品 / 本物の果物かと思った

2014年4月に東京・原宿にオープンした台湾スイーツ店『マンゴーチャチャ』。看板メニューは超デカ盛りマンゴーかき氷である。

だがしかし!! せっかくお店に行ったのなら、是非とも食べておきたいメニューがある。それは「マカロン」。かき氷と比べたらインパクトが小さいし、ただのマンゴー味のマカロンでしょ、思ったら大間違いだった。かき氷に負けない隠れ絶品だったのだ!

・日本限定のマカロン
『マンゴーチャチャ』には、いくつか日本限定メニューがあり、マカロンもそのひとつだ。味は、濃厚な「メロウ」と、あっさりめの「フェイ」の2種類。

・珍しい食感に混乱「これはマカロンですか!?」
マカロンとは、ご存知のとおり卵白とアーモンドを使った焼き菓子のこと。外側はサクッとしているものが多い。当然、そう思ってマンゴーマカロンを食べてみたところ……ええええ!? 何これ!?

『マンゴーチャチャ』のマカロンは、「ふわん」とした食感。中のマンゴージャムの弾力を舌で感じられるほど柔らかい。「これはマカロンですか!?」と、混乱するほど、一般的なマカロンとは違った食感なのである。

・マカロンやない、新鮮なマンゴーや
驚いたのは食感だけではない。その味だ。てっきりマンゴーフレーバーのクリームでも入っているかと思ったら……なぜか生マンゴーの味がしたのだ。なんでや……!!

いやいや焼き菓子だし、そんなはずはない。確かめてみたところ、メロウには、マンゴージャムとマンゴーの果肉が、フェイにはマンゴージャムとミルクチョコレートが入っていた。

・秘密はジャムに違いない!
メロウには果肉が入っているので、本物の果物の味がするのは当然と言えば当然。しかし、果肉が入っていないフェイも新鮮な果物の味がしたことを考えると、秘密はジャムにありそうだ。ジャムも買うべきだったと心の底から後悔した。

たとえるなら、メロウは高級な完熟マンゴー、フェイは台湾の果物屋で売られているようなフレッシュマンゴー。どちらも本物の果物の味わいだが、トロットロのリッチな味を楽しみたいならメロウ、台湾の果物屋さんで売っているフレッシュマンゴーが恋しいならフェイがオススメだ。

・持ち帰りもOK!
なお、マカロンは店内では1個税込270円で食べることができる。冷たい物が苦手という人はこちらをオーダーしてもいいだろう。なお、持ち帰り用は3個で800円だ。

この絶品マカロンは日本限定。つまり、現在は世界中で原宿店でしか買えないと言っていいだろう。これは台湾にもプチ自慢したくなる! かき氷のような派手さこそないが確かなクオリティ。お店に行ったら是非とも注文したい一品である。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 マンゴーチャチャ
住所 東京都渋谷区神宮前4丁目25-35 原宿メイプルスクエアビル 2階
時間 10:30~22:00
休日 なし

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング