「Twitter 上の嫌がらせで退役軍人並のPTSDになった」と主張する女性に非難の集中砲火! 関係者から厳しい声が

ロケットニュース24 / 2014年4月24日 9時0分

「Twitter 上の嫌がらせで退役軍人並のPTSDになった」と主張する女性に非難の集中砲火! 関係者から厳しい声が

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは過酷な体験をした後、心に深い傷を負い深刻な後遺症が残る不安障害である。通常は退役軍人によく見られる症状だが、“Twitter 上で嫌がらせを受けたせいでPTSDになった” と主張する女性が、「その程度のことでPTSDだなんて言うな!」と非難の集中砲火を浴びているのである。

・Twitter 上の嫌がらせでPTSDに!
Twitter 上で執拗な迷惑行為を受けたせいでPTSDになったと主張するのは、米ワシントン州に住むメロディー・ヘンスリーさんだ。歯に衣着せぬ発言で知られる女性権利活動家で無神論者でもある彼女は、自分の活動のせいで Twitter でターゲットにされ、今まで400人以上から嫌がらせを受けたと述べている。特にある男性はサイバーストーカーと化し、2年にわたりネット上で嫌らせ行為を続けてきたとのこと。

・「退役軍人と同じぐらい苦しんでいる」との発言が問題に
そのせいで1年半ほど前、医師にPTSDであると診断された彼女は半年ほど寝たきりになり、独りで外出するのが怖くなってしまったという。そして「戦場で凄まじい体験をした退役軍人と同じぐらい苦しんでいる」と発言し、退役軍人やその家族から激しい非難を浴びてしまったのである。

・PTSD発言への釈明
あまりにもPTSD発言への反響が大きかったため、メロディーさんは以下のことをツイートして釈明している。

1:私は実績ある精神科医によってPTSDだと診断されました。
2:軍を尊敬しているし、脅迫から身を守るために警察や行政機関に通報するつもりです。
3:退役軍人のPSTDを軽んじているわけではなく、同じ症状で苦しむ人達のことを気にかけています。ただ PSTD が軍人だけに起こる症状ではないことを知ってほしいだけです。

・退役軍人や関係者の声
一方で彼女の主張に対して、退役軍人や関係者から非難の声が多く上がっているのでいくつか紹介しよう。

「俺は軍にいたけど、ロケット弾を食らった人間の体がどんなになるか彼女は見たことあるんだろうな」
「ベトナム戦争で戦った父は、10年前に亡くなるまでPTSDで苦しんでいた」
「一度戦場へ行ってみろ! 戦場で怖ろしい体験をした兵士に対して、どれだけ失礼な発言をしているか想像つかないんだろうな」

厳しい意見が多く、メロディーさんに肩を持つ人はほとんどいないようである。

そんなに Twitter 上で嫌がらせを受けて苦しんでいるのなら、アカウントを削除してしまえば解決することである。SNS やネットで発信された内容は多くの人が目にするわけで、ある程度のバッシングは覚悟したうえで使用するべきではないだろうか。

参照元:Twitter @ Melody HensleyMail Online(英語)
執筆:Nekolas

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング