【放送事故】見ると「笑い」が伝染する! 生放送中に笑いが止まらなくなった気象予報士が話題

ロケットニュース24 / 2014年4月30日 15時0分

【放送事故】見ると「笑い」が伝染する! 生放送中に笑いが止まらなくなった気象予報士が話題

ひと口に放送事故と言っても、ヒヤッとするものから、予想外のハプニングに思わず笑ってしまうものまで様々だ。今回紹介する放送事故は、その中で最も笑えるケースだと言えるだろう。

なぜなら、展開が自由過ぎることに加えて、出演者がとにかく笑いまくっており、その笑いが見ている側にまで伝染してくるからである。「何がそんなに面白いんだ?」と突っ込みながら、つい自分も笑ってしまう。そんな動画なのだ。どれだけ笑っているかは、YouTube の動画で確認してほしい。

・何とかニュースを伝えようとするが我慢できない
動画の内容は、最初から最後まで、気象予報士の男性が笑いまくっているだけである。なぜそんなことになってしまったのか……原因は分からないが、何かが気象予報士のツボにはまってしまったようである。そして、それが本番中に爆発してしまったのだ。

それでも男性は、頑張って天気予報を伝えようとする。こみ上げる笑いを抑え込んで、何とか天気について話そうとするのだが……しゃべっている途中で、こらえきれなくなるのだ。

・笑い過ぎて画面から2度消える
しかも、この気象予報士は笑い過ぎて画面から消えているではないか……。とにかく、テレビではありえない展開と、男性の笑いっぷりは必見。見ると、思わずほっこりしてしまうはずだ。

なおこの天気予報は、アメリカ・ニューヨークのテレビ局が放送したものである。

参照元:YouTube
執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング