【インターネットの真実】あのサービスは世界中で1分間にどれだけ使われているのか? 「毎分送信されるEメールは2億400万通」など

ロケットニュース24 / 2014年5月2日 13時0分

【インターネットの真実】あのサービスは世界中で1分間にどれだけ使われているのか? 「毎分送信されるEメールは2億400万通」など

今や私達の生活に欠かせなくなったインターネット。数あるネット上のサービスやツールの中には、EメールやFacebook 、Twitter など、世界中で使われているものもある。では、それらが1分間でどれだけ使用されているのか、想像できるだろうか? 

海外サイトで、世界中のユーザーが各ツールを使用する回数について紹介されていたので、取り上げたい。その一例を取り上げると、1分間に送信されるEメールの本数やツイートされる回数などなど。読むと、その規模のデカさに思わず驚いてしまうぞ!

1.世界最大のSNS「Facebook」
世界中のFacebook ユーザーは、毎分246万本のコンテンツをシェアしている。

2. 生活に欠かせない「Eメール」
1分間に送信されるEメールは2億400万通!

3. 誰もが知っているコミュニケーションツール「Twitter」
世界中のユーザーは、毎分27万7000回ツイートしている。

4. 世界最大の検索エンジン「Google」
Googleでは、毎分400万以上の事柄が検索されている。

5 . 画像に特化したSNS「Pinterest」
1分間にピンされる画像の枚数は3472枚。なお「ピンする」とは、ネット上で見つけた画像などを自分のページに貼り付けること。

6. 超有名動画共有サービス「YouTube」
72時間分の新たな動画コンテンツが、毎分YouTube にアップされている。

7. ネット通販最大手の「Amazon」
Amazon がオンライン上で1分間に上げている売り上げは、約847万円也。

8. 音楽配信サービス「Pandora」
Pandora では、毎分6万1141時間分の音楽が再生されている。

9. 出会い系アプリ「tinder」
ユーザーは毎分41万6667回スワイプしている。なお、tinder 上でのスワイプとは、顔写真を見て、出会いたい相手を選別する動作である。

10. スマホ向けのチャットアプリ「WhatsApp」
1分間にシェアされている画像は、34万7222枚。

11. ループする6秒の動画を撮影・投稿できるアプリ「vine」
ユーザーは毎分8333本もの動画をシェアしている。

12. スマホで撮影した写真を共有できる大人気アプリ「Instagram」
毎分21万6000枚もの新たな写真が投稿されている。

13. 飲食店などのレビューを投稿できる口コミサイト「Yelp」
1分間に投稿されるレビューの本数は、2万6380本!

14. iPhone などのアップルアプリ
アップルユーザーは、毎分4万8000本のアプリをダウンロードしている。

——以上である。

数字を通してインターネットサービスを見ると、その規模の大きさが浮き彫りになって面白い。そして、有名なサービスだけに、会話のネタとしても使えそうだ。

参照元:AcidCow(英語)
執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング