【北京ロンドン鉄道旅5】ロシア マリンスク → ロシア モスクワ

ロケットニュース24 / 2014年5月4日 15時0分

【北京ロンドン鉄道旅5】ロシア マリンスク → ロシア モスクワ

中国・北京から英国・ロンドンまで鉄道で旅をするルートを実際に移動し、皆さんにご紹介するこの連載。旅のルートと経由地は、北京 → ウランバートル → モスクワ → キエフ → ワルシャワ → ベルリン → ハンブルグ → アムステルダム → ブリュッセル → ロンドンとなる。

・ロシア マリンスクからロシア モスクワ
前回はロシア イルクーツクからロシア マリンスクまでの旅路をご紹介した。今回はロシア マリンスクからロシア モスクワまでのルートをレポートする。北京からモスクワまではシベリア鉄道の旅となる。詳細は以下のとおり。

・各駅の出発時刻(時刻は現地時間)
~1日目~
北京(中国) 07:45
長家口南(中国) 11:13
大同(中国) 14:15
集寧南(中国) 16:09
朱日和(中国) 18:34
二連浩特(中国) 23:59
~2日目~
ザミンウド(モンゴル) 01:40
ウランバートル(モンゴル) 13:50
スフバートル(モンゴル)) 22:05
ナウシキ(ロシア) 23:01
~3日目~
ウランウデ(ロシア) 03:40
イルクーツク(ロシア) 11:05
ジマ(ロシア) 15:13
イランスカヤ(ロシア) 23:34
~4日目~
マリンスク(ロシア) 10:23 ←ココから
オムスク(ロシア) 23:56
~5日目~
チュメニ(ロシア) 07:02
スベルドロフスク(ロシア) 12:08
バレジノ(ロシア) 21:37
~6日目~
モスクワ(ロシア) 14:28 ←ココまで

・イルクーツクからモスクワまではけっこう退屈
24時間ずっと同じ列車に乗っているわけで、途中の駅に停車したとしても15~20分程度なのでブラブラできない。かなり退屈だが、食堂車と iPad だけはかなり退屈しのぎになったし、楽しめた。ロシアはどんな森でも山の中でも 3G の電波がきていたので、国際ローミングをすればインターネットが可能なのだ。

・撮影はNG
ロシア国内では、駅の撮影をしていると注意を受けることがある。最近は観光客の撮影に対して寛大になってきているが、それでも注意を受けることがある。駅だけでなくプラットフォームの売店を撮影しただけでオバチャンに怒鳴られることがあるので注意したい。駅員や乗務員が「撮影は大丈夫だよ」と言ってきたとしても、別の駅員が怒ることもあるので鵜呑みにしないこと。

・マクドナルドやサブウェイがあって安堵
モスクワに到着したんだし記念撮影をしたいところだが、上記の理由から安易に撮影はできない。よって、記念撮影は駅から出てから撮影したほうがいい。北京からずっと列車の旅で、癒やされたのか、披露したのか分からない状態に陥(おちい)る。遠く旅をしてきた先にもマクドナルドやサブウェイがあって、ちょっとホッとした。

・外国人でもロシア国際列車ネット予約が可能
ここから先は、寝台車でウクライナのキエフへと向かう。あらかじめインターネット上で予約しておいたチケットがあるので、それを使ってキエフへと進む。外国人でもロシアの国際列車予約が可能なのだ。チェルノブイリに立ち寄り、その次はワルシャワ経由でベルリンへ。

前回の記事: ロシア イルクーツク → ロシア マリンスク
関連記事: 北京から鉄道でロンドンに行く / 北京~ロンドン
執筆: Kuzo.
Photo: RocketNews24.

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング