【グルメ】熱いもんじゃないと食べられない! 猫舌ならぬ「マグマ舌」な人がいるらしい

ロケットニュース24 / 2014年5月5日 0時0分

【グルメ】熱いもんじゃないと食べられない! 猫舌ならぬ「マグマ舌」な人がいるらしい

グツグツ煮えている! ジュージュー焼けている! 確かに美味しそうですが、実際に食べるときは「少し冷ましてから」になりますよね。特に熱いものが苦手な猫舌の人は、冷めているぐらいがちょうどよいかもしれません。

ですが、「冷めているなんてもってのほか! 熱すぎるぐらいがちょうどいい!」という人がいるのをご存知ですか? そういう人たちのことを「マグマ舌」というそうです。つまり、マグマのように熱いものを好んで食べる人を意味します。もちろん、マグマほど熱かったら食べられませんが、熱いものが好きな人を意味する言葉です。

鍋料理、うどん、そば、ラーメン、しゃぶしゃぶ、焼肉、お好み焼き、とにかくどんな料理も熱くなくてはなりません。マグマ舌の人に話を聞いたところ「絶対にフーフーしません! 食べ物を冷ます行為はまずくする行為と同じです!!」と話していました。

鍋料理を食べるときも、別皿に移さないでそのまま食べることもあるそうです。別皿に移すと、それだけで温度が下がってしまうから。信じられないかもしれませんが、温度計を持ち歩いている人もいるそうです(本当です)。そこまでいくと神の領域ですね。

ちょつと思ったのですが、猫舌の人とマグマ舌の人が結婚したら、食卓はどうなるのでしょうか? 非常に気になりますが、そういうカップルは成立しないかもしれませんね。デートの時点で食事の好き嫌いがハッキリしてしまうので……。

執筆: Kuzo.
Photo: RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング