【北京ロンドン鉄道旅8】ドイツ ハンブルグ → オランダ アムステルダム

ロケットニュース24 / 2014年5月7日 16時0分

【北京ロンドン鉄道旅8】ドイツ ハンブルグ → オランダ アムステルダム

中国・北京から英国・ロンドンまで鉄道で旅をするルートを実際に移動し、皆さんにご紹介するこの連載。旅のルートと経由地は、北京 → ウランバートル → モスクワ → キエフ → ワルシャワ → ベルリン → ハンブルグ → アムステルダム → ブリュッセル → ロンドンとなる。

・ウクライナ キエフからドイツ ハンブルグ
前回はウクライナ キエフからドイツ ハンブルグまでの旅路をご紹介した。今回はドイツ ハンブルグからオランダ アムステルダムまでのルートをレポートする。北京からモスクワまではシベリア鉄道の旅だった。詳細は以下のとおり。

・ワルシャワは芸術家が集まる街
北京からモスクワを経由して、ようやくドイツのハンブルグに到着した。ワルシャワを出ると一気に華やかな街が旅行者を迎えてくれる。ヨーロッパにはポーランドを境として「見えない違い」が存在するように感じた。

今回はポーランドに滞在せず通過してきたが、同じコンパートメントになった女性の話では、ワルシャワは芸術家が集まる街でもあるとのこと。彼女自身、絵画を書く画家だった。筆者(私)は芸術には疎いが、それを聞いて次回は数日ほど滞在したいと思った。

・華やかなハンブルグやケルンと比べると?
旅で一緒になったドイツ人によると、「ワルシャワで満足したならベルリンに行く必要はないよ(笑)」と話していた。自分の国の都市にネガティブ発言をするとは! その理由は、ベルリンは殺伐としていて華やかなハンブルグやケルンと比べると「つまらない場所」なのだという。

筆者はそもそもワルシャワにも滞在してないが、ベルリンを経由してすぐハンブルグに行くと伝えると、それが良い選択であると教えてくれた。ホントかな!?

・なぜか味はハンバーガーじゃない!
ハンブルグは音楽の街であり、フリカデレが美味しい街でもある。フリカデレとはハンバーグのような料理。言い方が違うだけで、ほぼハンバーグなのだが、やや厚みがあっておにぎりのように丸い。

これをパンにサンドして、マスタードやケチャップ味で食べる。それハンバーガーじゃない? と思うが、なぜか味はハンバーガーじゃない! どんな味かは自身でお試しを。

・ドイツの鉄道システムは非常に便利
ハンブルグからアムステルダムまでの鉄道は、小学生でも間違わずに行けるほど簡単。ドイツの鉄道システムは非常に便利で、自分が買ったチケットの乗り換え情報やルートなど、自動販売機での購入時に一目でわかるようになっており、さらにプリントアウトも可能だ。

ハンブルグに1泊し、少しだけ寄り道をし、都市間特急に乗ってアムステルダムへと向かった。寄り道についてはまた別の記事でお伝えする。

前回の記事: ウクライナ キエフ → ドイツ ハンブルグ
関連記事: 北京から鉄道でロンドンに行く / 北京~ロンドン
Report: Kuzo.
Photo: RocketNews24.

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング