【感動】腎臓移植を必要としている2歳の女の子の家族がFacebook でドナーを見つける / ドナーと家族の対面の瞬間は必見

ロケットニュース24 / 2014年5月8日 10時0分

【感動】腎臓移植を必要としている2歳の女の子の家族がFacebook でドナーを見つける / ドナーと家族の対面の瞬間は必見

仕事やプライベートなど、今や様々なシーンで活用されているFacebook だが、その中でも非常に感動的な使い方をされたケースが今話題になっている。なんと、腎臓移植を必要とする赤ちゃんと持つ家族が、Facebook でドナーを見つけたというのだ!

そのエピソードもさることながら、ドナーと赤ちゃんの家族が対面した時の写真を見ていると、大きな感動が伝染してくるぞ。

・赤ちゃんの時から毎日10時間の透析
アメリカ・ミネソタ州在住のアリアナ・ムーアちゃんは、生まれつき腎臓に疾患を抱えていた。今まだ2歳の女の子だが、生まれた時から毎日10時間も人工透析を受けなければならなかったという。つまり、アリアナちゃんは腎臓移植が必要な状況だったのだ。

しかし、彼女の家族も含めて、臓器提供を申し出たドナー候補者の中には適合者がおらず、移植手術は難しかったらしい。

・Facebook でドナーを募る
そこでアリアナちゃんの母親は、Facebook で自分たちの苦しい状況を説明し、ドナーを募ることになった。それから待つこと2年……。

見つかったのである! 腎臓移植をしてくれるドナーが!! その方は、アメリカ。フロリダ州在住の、クリスティー・ハーディングさん。自身も2歳児の母親だという彼女は、Facebook ページを見て、腎臓の提供を申し出たのだ!

その時の気分ことを、アリアナちゃんの母親は「メールを見て涙が止まらなかった。本当に信じられないわ。今でもそのことを考える度に、泣いてしまうのよ」と語る。

・近日中に手術の予定
結局2年間待ったものの、Facebook でドナーを見つけ、無事に対面を果たしたアリアナちゃんとその家族。肝心の手術は、近いうちに行われる予定とのことだ。成功することを祈るばかりである。

参照元:FacebookHuffingtonPost(英語)
執筆:和才雄一郎

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング