【取材日記】街で見かけた気になる注意書き・品書きアレコレ

ロケットニュース24 / 2014年5月20日 16時0分

【取材日記】街で見かけた気になる注意書き・品書きアレコレ

日々いろいろな場所へ行き、いろいろな人や物事と出会う。その先々で、私(記者)は看板や品書きを目にするようにしている。もちろん、何か面白いものはないかな? という好奇心でそれらを目にしているのだが、時々驚くようなものに出くわすことがあるのだ。

「ライフワーク」というと少し大げさだが、それらをできるだけ記録に残すようにしている。時には Twitter でつぶやいたり。そんな気になった注意書きや品書きの一部を紹介したい。

・福岡地下鉄の注意書き
2013年に福岡県に行ったときのことだ。『干潟よか公園』で干潟に咲くシチメンソウが見ごろとのことで、2人で取材に行った。そのときなぜか、自分だけが一日延泊することになり、福岡市繁華街のグルメを取材することになった。そのとき、ある駅のホームから上がったところで、妙な注意書きが目についた。

「走らないで! 歩かないで!」

「走らないで」はわかる。誰かとぶつかったりしたら危ないからだ。その下の「歩かないで」に困った。じゃあ、どないせえっちゅうねん!! と思わず心のなかでツッコミを入れてしまった。よく見るとその先にエスカレーターがあることに、しばらくしてから気が付いた。

・居酒屋の新提案
品書きにも目が行く。よそにはないメニューはないか? よそにある品でも、何か特別な提供の仕方をしてるんじゃないだろうか? そういうものは、意外と何気ないところに存在するものだ。ある日、都内某所で食事をしていたところ、その店の品書きが目に止まった。そこには、ノンアルコールビールの新しい組み合わせを提案するものだった。

「新提案 ノンアルコールビールと焼酎の組み合わせ!! ゼロ酎ハイ」

もうゼロじゃない……。ノンアルコールが台無しやないか……。

・とある観光地にて
最後は最近、埼玉県の観光名所に行ったときのことだ。その街は、週末には通りに人があふれるような観光地で、どのお店も週末の売上を見込んで、普段から過ごしていることがよく分かる。つまり、週末に売上が悪ければ平日は辛いのである。したがって、呼び込みも必死だったりする。ところがあるお店は、店構えが悪いのか、それとも店内を見通せないのが悪いのか、こんな貼り紙を出していた。

「はい 入りずらい店ですみません。勇気の一歩 お願いします ご来店お待ちしています」(原文まま)

余計に入り辛いです……。気軽に入るのにも勇気がいる……。

以上、さまざまな場所で見つけた注意書きや品書きである。また街で見かけた興味深いものについて、お伝えしたいと思う。時々 Twitter でもつぶやいているので、気になる方はそちらもご覧頂きたい。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング